閉じる

「Windows10版のメールから送信」の署名 文言を削除する方法【2020年最新版】

Windows10の標準メールアプリ「メール」は、Microsoftアカウントのメールはもちろん、Gmailやホームページのドメインのメールなどを追加できるメールソフト、アプリです。

そのWindows10の「メール」は、シンプルな画面構成のアプリですが、複数のメールアドレスを設定でき普通に使えるメールソフトですが、初期設定だとメール作成時「Windows10版のメールから送信」の文章が自動入ってしまいます。

「Windows10版のメールから送信」を非表示、削除する設定

「Windows10版のメールから送信」の文章は、デフォルトで設定されている署名の文章です。
署名の初期設定で、署名に何も設定しない場合に表示されてしまいます。

個人でもビジネスでも、メールを送信する場合、「Windows10版のメールから送信」の文章はない方が良いです。

「Windows10版のメールから送信」の文章を非表示、削除する方法は、以下の手順です。

設定アイコンを選択する

メール画面の最下部にある歯車設定アイコンをクリックします。

設定メニューから署名を選択

設定アイコンをクリックすると、右に設定画面が表示されます。

設定メニューの中から「署名」を選択します。

設定するアカウントを選択

メールの署名設定画面が表示されます。

複数のメールを設定している場合で、全てのメールの署名を統一したい場合は、「すべてのアカウントに適用する」にチェックを入れてください。

個別にメールアカウント毎に設定したい場合は、設定したいアカウントをリストから選びます。

署名設定をオフにする

メールで署名を使わない場合は、ON/OFF設定のところをOFF(ブルー→グレー)にします。

下部の保存をクリックして完了です。

新規メールで「Windows10版のメールから送信」の表示がなくなります。

署名の設定

新規メールで署名を使う場合は、ON/OFF設定のところをONのまま、

「Windows10版のメールから送信」の文章を変更します。

下部の保存をクリックすると、次回から新規メニューで変更した署名内容が記載されます。

初めて使う場合、署名は使わなくても「Windows10版のメールから送信」は削除設定しておいた方が良いでしょう。

関連記事

  1. Windows Defender

    【Windows10】[SmartScreenを使用できません」…

  2. 「Windows 10 Fall Creators Update…

  3. Windows10でハードディスクの容量、ストレージを確認する

  4. SPFレコードの設定とチェック

  5. Windows10でオフィス2007、2010がインストールエラ…

  6. 詳細

    Windows10 標準メールアプリに独自ドメインやプロバイダの…

ピックアップ記事

  1. ahrefs
  2. reCAPTCHA
ページ上部へ戻る