閉じる

Windows7はいつまで使える?買い替えのタイミングは?

Windows7のPC・パソコンを使っているユーザーは、いつまで使えるかが気になるところだと思います。Windows7やwindows10など、Windowsのパソコンを安全に使うには、Microsoftのサポート、セキュリティプログラムの更新が必要です。

Windows7はいつまで使える?

先日、マイクロソフトは、来年2020年1月14日にWindows 7のサポートを終了すると正式に発表しました

2020年の1月14日(アメリカの時間)の時点で、MicrosoftはWindows 7のOSのサポートを停止します。この日以降、マイクロソフトは、Windows 7でセキュリティ更新プログラムを提供する事はありません。

企業で使用しているPCや自宅で使用しているPCも1月14日前に、Windows10やMacなどのPCに移行する必要があります。

15日以降、Windows7を使い続けるとどうなる?

マイクロソフトの公式サイトでも、Windows 7のパソコンを使い続けた場合、次のように注意しています。

Windows 7 を使い続けるとどうなりますか?

サポート終了後もWindows 7 を搭載した PC を引き続き使うことはできますが、お使いの PC はセキュリティのリスクやウイルスの被害を受けやすくなります。引き続き PC を起動して実行できますが、セキュリティ更新プログラムを含むソフトウェア更新プログラムは、Microsoft から提供されなくなります

2020 年 1 月 14 日以降も、Windows 7 を引き続きライセンス認証することはできますか?

サポート終了後も Windows 7 をインストールし、ライセンス認証することはできます。ただし、セキュリティ更新プログラムがないことが原因となり、セキュリティのリスクやウイルスの被害を受ける可能性が高くなります。2020 年 1 月 14 日以降は、Windows 7 ではなく、Windows 10 を使用することを Microsoft では強くお勧めしています

参考:2020年1月14日にWindows7のサポートが終了(Microsoft公式)

Windows 7でサポートされていたバグの修正やセキュリティパッチを含む技術的なサポートは一切行われなくなります。15日以降にWindows 7を使用する場合は、外部からの悪意な攻撃などの危険に対して無防備になるのです。

そのマイクロソフトのサポートがなくなったら、すぐに危険な状況になるのでしょうか?それは、一概に言えません。楽天的な人は、大丈夫だろうと思って、使い慣れているWindows7を使い続けるかもしれません。しかし、そのような攻撃は、忘れたころ、まだ大丈夫だと思って使っている中で起きるものです。いつかは攻撃されるという事を認識しておきましょう。

Windows7をWindows10にアップグレードして使用できる?

Windows7のパソコンをWindows10のOSにアップグレードして使用したい方もいるかもしれません。

Windows10の無料アップグレードは終了していますが、製品版のWindows10でアップグレードが可能です。しかし、アップグレードする場合は注意が必要です。PCのスペックが低い場合やデバイスのドライバーの問題です。

デバイスがWindows10対応していない場合は、デバイスが認識されない不具合が起きる可能性があるのです。

また、PCのスペックもアップグレード前に確認が必要です。

Windows 10の最小仕様は、以下のようにマイクロソフトの公式サイトで公開されています。

プロセッサ:1 ギガヘルツ (Ghz)以上のプロセッサまたは システム・オン・チップ(SoC)

RAM: 32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB

ハード ドライブの空き領域:32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 32 GB

グラフィックス カード:DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)

この公開されている最低限のPCスペックデータは、64ビットの場合でCPUが最低1ギガヘルツ以上で、メモリ2GBとされております。しかし、このスペックだと、Windows10へのアップグレード、OSっがインストールできたとして、スムーズに動作させるのは厳しいでしょう。

古い、処理速度のないCPUの場合、OSやプログラムの起動に相当な時間を要します。また、メモリも2GBでは、動作が重く何も出来ない可能性があります。最低4GB以上は必要です。

個人的に、CPUはIntelのCore i5相当以上で、メモリは4GB以上は必要だと思います。メモリが4GBでも動作がもっさりするので、キビキビ動かすには8GB以上が必要です。

Windows10にアップグレードを検討している場合は、 Windows7のPCがサクサク動く事が条件と考えてください。
ブラウザや普段使っているExcelなどのofficeソフトがストレスなく動作するスペックのPCならWindows10でも問題なく動作する可能性があります。

Windows7の買い替えるタイミングは?

OSのサポートが切れるWindows 7からWindows10などのPCに買い替えるタイミングですが、いくつかあると思います。

その中でも、

・消費税改正前10%に上がる前のセール

・年末年始のセール

は、Windows7を使用している方にとって買い替えのタイミングとなるかもしれません。

 

2019年10月に消費税が増税される予定です。2%増税となる予定ですが、10%に上がる前は、ネット通販や家電量販店で増税前セールが行われます。
その時に余裕があれば、買い替えを行いやすいですよね。

 

年末年始も、Windows7買い替え前なので、ネット通販や家電量販店でもセールが行われるでしょう。

買い替えの時は、自分に必要なスペックのPCを選びましょう。

 

Windows7から他のPCに買い替える場合、データを移行する必要があります。ソフトを使用している場合、インストールも必要ですので、時間がかかります。予定を組んで移行していきましょう。

Windows7を使い続けたい場合

どうしても、2020年1月15日以降に、Windows 7のPCを使う必要がある場合は、ブラウザなどに保存しているログインパスワードや個人情報は削除しておきましょう。特にインターネットバンキングのログイン情報やクレジットカード番号などは保存しないようにしましょう。リスクが大きすぎます。

そして、可能ならWindows 7のPCでインターネットの接続を行わないようにしましょう。

OSのサポートが切れたパソコンをインターネットに接続しなければ、危険度がかなり下がります。個人情報を流出させない対策が必要です。

 

最後に

Windowsのソフトを使用している方は、Windows 7からwindows10への買い替えは必須となるでしょう。

主にインターネットやクラウドサービスを利用している方はMAC PCに買い替えても良いかもしれません。その他、無料OSのUbuntuをインストールしても良いかもしれません。

いずれにしても、2020年1月15日以降は、Windows 7のPCはインターネットに接続して使わないようにしましょう。

関連記事

  1. ETDCtrl.exe

    ETD Control Center、ETDCtrl.exe、E…

  2. Windows10 TH2のISOで32bitから64bitにア…

  3. Chrome

    Chromeでパスワードが保存されなくなった時に試すこと

  4. Windows10でオフィス2007、2010がインストールエラ…

  5. Windows10のアップデートでAdobe CCソフトが文字化…

  6. キャプチャソフト

    Windows10やMacで画面をキャプチャするには~パソコンで…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る