閉じる

2018年1、2月のブラウザシェアとIE使用率

2018年1月~2月までのPCブラウザのシェア率をMarket ShareとSTATCOUNTERで確認しました。

※参考までとしてください。

全世界のブラウザシェア率

PCやタブレット、スマートフォンのブラウザシェア

ブラウザのバージョンやPC、タブレット、スマートフォン端末全てが対象です。

ブラウザシェア

ChromeやSafariなどはデスクトップやスマートフォン両方の総計です。

STATCOUNTERのデータでは、Chromeのシェアが54.71%IEは3.05%です。

そして、Edgeのブラウザシェア率は1.87%…これはPCだけのデータではないですから。

UCブラウザが7.94%。これから増えていくのでしょうか。(※UCブラウザはインドや中国などで人気のブラウザです。)

参照元:STATCOUNTER

Market Shareで確認してみると、

シェア

Chromeのシェアが60.74%です。

IEは5.57%。STATCOUNTERよりやや高くなりました。

STATCOUNTERと少し違いますが、UCブラウザのシェア率が1.6%と低いです。

そのデータの影響かもしれません。

参照元:Market Share

PCのブラウザシェア率

PCの世界ブラウザシェア率は、

Chromeの使用率は67.45%、IEが7.11%です。

Edgeのブラウザ使用率は4.75%

Windows10の使用率が低いというより、Windows10を購入したユーザー、Windows10へのアップグレードを行ったユーザー共に全然Edgeを使っていないという事でしょう。

日本のブラウザシェア率

日本のPCやタブレット、スマートフォンのブラウザシェア率

ブラウザのバージョンやPC、タブレット、スマートフォン端末全てが対象です。

 日本のブラウザ使用率

日本ではChromeの使用率は39.7%、かなり下がります。

Safariは26.58%。

iPhoneの人気やIEの使用率も関係するのでしょう。

Edgeの使用率は4.08%です。

日本でのPCブラウザ使用率

IE使用率

そして日本のPCブラウザの使用率ですが…あくまで目安のデータとしても、

IEのブラウザ使用率が24.63%…凄いですね。

WEB制作会社はまだ当分IE11でのページ確認は止められないでしょう。

Windows7を使用しているユーザーが多いという事もあるのでしょうが、半年後も同じような気がします。

もしかしたらWindows7のサポートが終わるまで日本でのPCブラウザ使用率は10%を維持する可能性もあるかもしれません。(流石にそれはないか)

その他、仮想通貨の支払いや広告非表示になるChromiumベースのブラウザ「brave」も世界や日本で広まっていくか注目です。

関連記事

  1. 病院

    産婦人科、歯医者など病院のホームページ制作に最適なWordPre…

  2. サイト内検索機能で広告yahooカスタムサーチを利用する

  3. chrome

    2017年9月の日本でのブラウザシェアとChrome62のフォー…

  4. エックスサーバーでphpをhtmlで動作させる(.htacces…

  5. chrome68

    Chrome68から非SSLサイトに「保護されていません」の警告…

  6. TCD

    WordPressでポータルサイトを簡単に作成できるテーマ(テン…

ピックアップ記事

  1. google キャッシュ
  2. Sモードをオフに
  3. chrome68
ページ上部へ戻る