閉じる

BlockchainをWebにどう活用するかw3cイベントで議論されている

ビットコインとBlockchain(ブロックチェーン)という技術をご存じでしょうか?

ビットコインは以前日本の取引所の破綻で問題になった仮想通貨ですが、ブロックチェーンの技術が注目されています。

ブロックチェーンはSatoshi Nakamoto(日本人、本名なのかは不明)が開発した分散型台帳システムです。データを連鎖するような構造になっていて、ひとつ前のブロックの情報を参照し、次のブロックに共有されています。

そのデータを改ざんなどを行う場合、連携する全てのブロックの内容を編集が必要でデータが増えれば増えるほど改ざんするのが難しい設計になっているとか。

しかもp2pネットワークというのが面白いですね。

p2pが騒がれているのはWinny以来のような気がします。

そのBlockchainですが、色々なところで他のシステムでも使えないか注目されていて、w3cのイベントでもWEBとブロックチェーンについて議論されているようです。

参考元:Blockchains and the Web(w3c)

日本のNTTもスポンサーになっています。

ビットコインはわかりませんが、このブロックチェーンという技術は注目しておいた方がいいかもしれません。

 

 

 

関連記事

  1. サイト内検索機能をGoogleカスタム検索で設置する

  2. 病院

    産婦人科、歯医者など病院のホームページ制作に最適なWordPre…

  3. LinkChecker

    ホームページ、htmlのリンク切れをチェックできるサービスとツー…

  4. FLEXBOX RESET

    floatやflexbox(display:flex)のリセット…

  5. Instagram(インスタグラム)のアクセストークン、APIが…

  6. chrome hosts

    Chromeでhosts設定を行える拡張機能

ピックアップ記事

  1. 日本語設定
  2. キャプチャソフト
  3. ga4
ページ上部へ戻る