閉じる

Chromeでhosts設定を行える拡張機能

Google chromeの拡張機能にhosts設定を行えるものがあります。

今回はChromeでhosts設定を行えるシンプルな拡張機能「Virtual Hosts」を紹介します。

Chromeだけでhosts設定できる拡張機能Virtual Hosts

Chromeの拡張機能Virtual Hostsのメリットとデメリット

サーバー移転などPCのhostsファイルを設定した場合、全てのブラウザで設定したIPのサイトが表示されてしまいます。

しかし、拡張機能Virtual HostsはPCのhostsファイルを編集するのではなく、Chromeのみに設定する事が可能です

例えば、Virtual Hostsで新しいサーバーのサイトURLとIPを設定すると、Chromeでは新しいサーバーのサイトを表示されますが、firefoxでは現状のサイトが表示されます。

リニューアル前とリニューアル後で比較する場合などは便利です。

WINDOWS10のOSバージョンや権限設定により、hostsファイルの編集ができない場合や面倒な場合など試されてはどうかと思います。

PCに依存する事なく設定できるので使い方によっては便利です。

ただし、この拡張機能Virtual Hostsは、1サイト1IPしか設定できません。

Virtual Hostsのインストール

拡張機能Virtual Hostsのインストールは下記URLから追加できます。

https://goo.gl/XQi7NM

Virtual Hostsの使い方

Virtual Hostsをインストール、有効にすると

Virtual Hosts

アイコンが表示されます。

そのアイコンをクリックし、

表示されたVhosts Domainの入力欄にURLを記載(http://を除いて記載します)、

Vhosts IPの入力欄にサーバのIPを記載します。

そして、Enableをチェックすると有効になります。

有効にするとアイコンが赤くなり、ブラウザを更新すると設定したIPのページが表示されます。

チェックを外せば無効になります。

無効後、更新しても元に戻らない場合はキャッシュ削除してみると良いでしょう。

複数のIPを設定する場合はHostAdmin APP

複数のサイトをhosts設定する場合は、hostsファイルを修正する以外に「HostAdmin APP」というクロームアプリもあります。

この「HostAdmin APP」は、PCのhosts設定ファイルをアプリによって編集できるのです。

ただ1つ注意点があります。

基本は、PCのhostsファイルを編集、上書きするのでhostsファイル権限の編集が許可されていない場合は編集できません。(エラーメッセージが表示されます)

許可権限を与えてから使用しましょう。

Chrome Host Admin appはこちらから

 

関連記事

  1. GOOGLE MAPのカスタマイズに必要なAPIキーの取得

  2. Google Maps ApiからGoogle Maps Pla…

  3. FLEXBOX RESET

    floatやflexbox(display:flex)のリセット…

  4. エックスサーバーでphpをhtmlで動作させる(.htacces…

  5. グーグル サーチコンソールの表示文字を日本語に変更する

  6. Chromeのエンコード機能が消えた!が拡張機能が公開されていた…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る