閉じる

Windows10はいつまで使える?Windows11買い替えのタイミングは?

Windows11(ウィンドウズ11)正式版の無料アップグレード提供がネット上で10月5日からはじまりました。「Windows Update」によるWindows11アップグレードも2022年~に予定されています。

それに合わせてWindows10の保守サポート期間がMicrosoftから発表されました。

Windows10 OSが搭載しているPCがいつまで使えるかなどを紹介します。

Windows10はいつまで使える?

Windows10(ウィンドウズ10)PCの保守サポート期間は

2025年10月14日

までの予定です。

サポートされるWindows10バージョンは2021年秋に公開される予定の「21H2」以降です。アップグレードしておく必要があります。

各PCメーカーは、Windows10のPCがWindows11にアップグレード対応可能かどうかWebサイトに情報を公開しています。

Windows10からWindows11に無料アップグレードできる主なPC要件を紹介します。

Windows11にアップグレードできない?アップグレード可能な条件

手動無料アップグレードが始まったWindows11ですが、Windows10からWindows11に無料アップグレードするのに必要なハードウェア要件があります。

ストレージ(SSD、HDD)

ストレージ(SSD、HDD)→64GB以上の容量

メモリー

メモリー→4GB以上(8GB以上あった方が良いです)

CPU

CPU→動作周波数が1GHz以上で2コア以上の64ビットCPUで対応CPUリストに含まれるもの、またはSoC(統合型プロセッサー)

CPUですが、動作周波数が1GHz以上で2コア以上でも古いCPUは対応外です。

例えば、インテルCPUの場合、Intel Core i7-3770のようなCPU第7世代は対応外です。第8世代~となります。

グラフィックス

グラフィックス→DirectX 12(ダイレクトエックス12)以上、(WDDM 2.0ドライバー)に対応

システムファームウエア

システムファームウエア→UEFI (ユーイーエフアイ)、Secure Boot(セキュアブート)対応

TPM(Trusted Platform Module)

TPM(ティーピーエム)→TPM 2.0以上

Windows10のパソコンはメーカーなどによっては「セキュアブート」、「TPM 2.0」が無効化されている場合があります。メーカーサポートページも確認しましょう。

マイクロソフトは、Windows10のPCがアップグレードできる確認できるアプリ「PC正常性チェック」を公開しています。
自分でWindows11アップグレード対応可能なPCかをチェックしてみましょう。

Windows11 OSアップグレード Microsoft公式ページ 

「PC 正常性チェック アプリのダウンロード」からダウンロードできます。

Windows10をWindows11に無料アップグレードできるのはいつまで?

Windows7や8からWindows10の無料アップグレードのサポート期間は現時点でありません。

今回マイクロソフトは「無料アップグレードに対するサポートをいずれ終了する権利」について言及しています。

Windows10のパソコンをWindows11のOSに無料アップグレードできる期間は正式に発表されていませんが、Windows11の無料アップグレード期間は終了する可能性があります。

しかし「Windows Update」で無料アップグレードが始まるのが2022年を予定しています。いまより2年~3年程度は無料アップグレード可能でしょう。

Windows10を2025年秋以降も使い続けたい場合

OSのサポートが切れるWindows 10からWindows11やMacなどに買い替えるタイミングは2025年夏ごろまでとなります。

Windows10でサポートされていたバグの修正やセキュリティパッチを含む技術的なサポートは一切行われなくなります。PCを使用する場合は、外部からの悪意な攻撃などの危険に対して無防備になるのです。

そのマイクロソフトのサポートがなくなったら、すぐに危険な状況になるのでしょうか?それは、一概に言えません。楽天的な人は、大丈夫だろうと思って、使い慣れているPCを使い続けるかもしれません。しかし、そのような攻撃は、忘れたころ、まだ大丈夫だと思って使っている中で起きるものです。いつかは攻撃されるという事を認識しておきましょう。

 

どうしても、2025年秋以降に、Windows 10のPCを使う必要がある場合はインターネットの接続を行わないようにしましょう。

ブラウザなどに保存しているログインパスワードや個人情報は削除しておきましょう。特にインターネットバンキングのログイン情報やクレジットカード番号などは保存しないようにしましょう。リスクが大きすぎます。

OSのサポートが切れたパソコンをインターネットに接続しなければ、危険度がかなり下がります。個人情報を流出させない対策が必要です。

Windowsを使用している方は、2025年Windows10からwindows11の移行は必須となるでしょう。

主にインターネットやクラウドサービスを利用している方はMAC PCに買い替えても良いかもしれません。その他、無料OSのUbuntuをインストールしても良いかもしれません。

2025年10月15日以降は、Windows10のPCはインターネットに接続して使わないようにしましょう。

関連記事

  1. Sモードをオフに

    SurfaceでChromeなどの他社アプリをダウンロード・イン…

  2. Windows10アップグレードで失敗する場合は個人用ファイルの…

  3. Windows10のアップデートでAdobe CCソフトが文字化…

  4. HEIF、HEICファイルをpngやjpgファイルに変換する方法…

  5. ETDCtrl.exe

    ETD Control Center、ETDCtrl.exe、E…

  6. 「Windows 10 Fall Creators Update…

ピックアップ記事

  1. キーワード
ページ上部へ戻る