閉じる

ワードプレスの投稿記事をtwitterやFacebookなどに自動投稿するJetpackプラグインと注意点

ワードプレスの投稿記事をtwitterやFacebookなどに自動投稿するプラグインを紹介します。

いくつかありますが、「Jetpack」というプラグインがオススメです。

Jetpackとは

Jetpackは、いろいろな機能があります。無料版と有料版がありますが、無料版でもいろいろな機能を使用できます。

例えば、Markdownの記載(MarkdownでHTMLを記載できるようになる)、アクセス解析、お問い合わせ方法、そして、SNSの自動投稿機能です。
Wordpressの投稿内容を、twitterやFacebook、Google+に連携して、投稿できます。

プラグインのインストール

Jetpackのインストール

プラグインのメニュー、新規追加から「Jetpack」を入力後、表示される「Jetpack by WordPress.com 」の「今すぐインストール」ボタンをクリックすると、インストールが始まります。

インストール後、プラグインを有効にします。

JetpackとWordPress.comの接続

Jetpack連携

Jetpackプラグインを有効にすると、JetpackとWordPress.comのアカウント連携について表示されます。

WordPress.comと連携ボタンをクリックします。

Jetpackの使用は、Wordpressのアカウント情報が必要

Jetpackの使用は、Wordpress.comのアカウント登録が必要です。
Wordpress.comのアカウント登録に必要な情報は、メールアドレス、ユーザー名とパスワードです。
パスワードが簡単すぎたりすると、アラートが表示され、登録できませんので、ご注意ください。

アカウント登録後、記載したメールアドレスに、

件名:Activate 「ユーザー名」のアカウント認証メールが届きますので、メール内の認証URLをクリックします。

これで、アカウント登録が完了します。

アカウント登録後、連携されると、プラン名が表示されます。

投稿連携するだけでしたら、Free版でOKです。

Start with Free

Jetpackの連携設定

JetpackとSNSの連携は、Publicizeの設定画面から行います。

最新のバージョンなら、左メニューの設定から、Sharingをクリックすると、Publicize connectionsがあります。
もし、以前のバージョンなら、ダッシュボードに、Publicizeがあるはずです。

次にSharing、Publicize connectionsの「ソーシャルメディアアカウントを接続する」をクリックすると、
連携できるSNSのサービスが一覧で表示されます。

SNS接続

連携したいSNSのConnectボタンをクリックすると、SNSログイン情報が表示されると思いますので、情報を入力してログインします。

ログインが成功すると、連携アプリの認証画面が表示されます。

連携承認後、投稿画面で、それぞれのSNSにチェックを入れ、投稿を公開すれば自動で連携がされます。

WordPress.comに接続できない場合に確認すること

WordPress.comに接続できないケースがあります。

一番多いケースがサーバー側のブロックです。

WordPress.comは、海外サーバーです。

VPSや専用サーバーの場合は、ファイアウォールの設定確認、共用サーバーなら、コントールパネルでIPアドレスを遮断していないか確認しましょう。

WordPress.comの接続を有効に

さくらの共用サーバーなどは、海外からのWordPressサイトの攻撃対策として、国外IPアドレスフィルタ機能が追加され、初期設定で海外のアクセス制限が有効の状態です。

もし、つながらない場合は、サーバーを確認しましょう。

関連記事

  1. Search Regex

    ワードプレスで記事のキーワードや文章、URLを一括置き換えできる…

  2. jetpack

    JetpackのdescriptionとOGPタグの重複

  3. Wordpresで自分で作成したテンプレート、パーツを読み込む

  4. WordPressの更新案内/通知の非表示や自動更新を停める設定…

  5. Google検索結果に「robots.txt により表示されませ…

  6. リンク

    WordPressのtarget=”_blank&#…

ピックアップ記事

  1. Classic Editor
  2. Hacking Alert! You account was hacked
ページ上部へ戻る