閉じる

エックスサーバーSMTP接続でAWS国外リージョンが制限対象に

エックスサーバーのSMTP認証(SMTP AUTH)は国外から不正メール送信を防ぐため「SMTP認証の国外アクセス制限」という機能があります。
GOOGLEやAWS(Amazon Web Services)はその制限対象外で設定していても国内SMTPと同様に扱われていました。

本日、エックスサーバーはAWSの国外リージョンからのSMTP接続で制限の対象にすると発表しました。

実施日は4月9日です。

この度エックスサーバーでは
SMTP認証(SMTP AUTH)による不正なメール送信を防止する目的で設けている
「SMTP認証の国外アクセス制限」機能において、セキュリティ対策強化のため、
これまでは制限対象外としていたAmazon Web Services(以下AWS)の
国外リージョンからの接続を制限対象に追加いたします。

なお、AWSの国外リージョンを使用し、同サービス内から
当社メールサーバーにSMTP認証による接続を行われている場合を除き、
この度の制限対象の追加によるお客様への影響はございません。

———————————————————————-
■実施日
2018年4月9日(月)

■対象サービス
レンタルサーバー 全プラン

■対象機能
SMTP認証の国外アクセス制限

■追加する制限対象
これまでは制限対象外としていたAWSの国外リージョンを制限対象に追加

■制限対象外のホスト名
以下のホスト名については、国外のIPアドレスであっても、
「SMTP認証の国外アクセス制限」の制限対象外です。

【これまでの制限対象外ホスト名】
amazonaws.com
google.com
outlook.com,hotmail.com

【変更後の制限対象外ホスト名】
ap-northeast-1.amazonaws.com(※)
ap-northeast-1.compute.amazonaws.com(※)
ap-northeast-3.amazonaws.com(※)
ap-northeast-3.compute.amazonaws.com(※)
google.com
outlook.com,hotmail.com

※AWSの国内リージョンに割り当てられるホスト名です。
AWSの国内リージョンから当社メールサーバーへの
SMTP認証による接続については、国外のIPアドレスであっても、
「SMTP認証の国外アクセス制限」の制限対象外とします。

国外のAWSからSMTP接続している場合は注意が必要です。

国内リージョンはいままでどおりです。

4月9日以降に国外リージョンに接続する場合は

コントロールパネルの「SMTP認証の国外アクセス制限設定」から

状態

SMTP認証の国外アクセス制限設定の状態をOFFにしましょう。

GOOGLEやoutlookなどの制限はいまのところありません。

関連記事

  1. Meltdown and Spectre

    MeltdownとSpectreの対応・OSアップデートについて…

  2. メール不具合やフォームメールが届かない場合はSpamhausなど…

  3. date

    さくらレンタルサーバーの容量アップロード

  4. PHPでParse errorや画面が真っ白になる場合にチェック…

  5. さくら専用サーバーでリモートコンソールを使用する場合の注意点

  6. さくら共用サーバーでWordPressのSSL化(HTTPS化)…

ピックアップ記事

  1. chrome68
  2. GOOGLEADS
  3. Maps JavaScript API
ページ上部へ戻る