閉じる

2019年でも無料で使える!?cs2のphotoshopとイラストレーターをダウンロードしてWindows10にインストール

以前、XPで使用していたAdobe CS2のPhotoshopとイラストレーターを、Windows10のスペックが低いノートPCに、インストールしました。

製品のソフトはもちろんあります。

Adobe CS2は、インストール後のライセンス、オンライン認証で使用していたサーバーを廃止しております。そのため、オンライン認証がうまくいきません。(他のPCでも経験済み)、

しかし、Adobeは以前よりcs2購入者向けに公開している無料のadobe cs2ソフトとシリアルがあります。

それを使用して、イラストレーターなどをインストールしようとしましたが、ダウンロードできるページが見つかりません…ころころ変わるみたいです。

cs2を無料でダウンロードできるページ

廃止したのかと思いましたが、英語サイトのフォーラムで紹介しているところでcs2のダウンロードURLが見つかりました。

下記でCS2のphotoshopとイラストレーターを無料でダウンロードできました。

2019年1月時点で確認できたCS2ダウンロードページ

ダウンロードはAdobeのログインが必要です。

この無料のadobe cs2ソフトとシリアルは、製品を購入した方が対象です!(購入していなくても、無料でダウンロードできます。)

cs2

以前のダウンロードページと違うのが、アドビにログインが必要なことと、アコーディオン機能になっていて、シリアルがコピーしずらい(コピペしようとすると閉じてしまう)ことでしょうか。

現在はシリアルのコピーは問題なく行えます。

インストール後、イラストレーター、PhotoshopはWindows10で問題なく起動しました。

イラストレーター、Photoshop cs2の起動時の登録画面を非表示に

登録

ダウンロードしたCS2のphotoshopやイラストレーターは、はじめの起動時に、ユーザー登録を求められます。

Windows10でははじめCS2を管理者で実行する

Winodws10(Windows7以降)でCS2をはじめ実行する場合は管理者でアプリを実行して「登録しない」を選ばないと何度も表示されます。

理者として実行

ユーザー登録画面を表示しないやり方は、

スタートメニューのphotoshop、イラストレーターのところで右クリック→その他→「管理者として実行」でイラストレーターを起動し、

登録しない

登録をしないをクリックします。これでユーザー登録が表示される事はなくなります。

Windows10で「動作が停止しました」と表示され、cs2のイラストレーターが起動しない場合

以前、別のPCであったのですが、「動作が停止しました」と表示され、photoshop、イラストレーターのCS2が起動しない場合があります。

WINDOWS10のバージョンによりますが、新しいバージョンにアップデートすれば解決できます。
もし、ふるいバージョンのまま使用する場合は下記の設定で解決できる場合があります。

コントロールパネル

コントロールパネルの「時計・言語、および地域」クリック

言語

言語をクリック(Windows10の新しいバージョンは時計と地域に変わっています。言語はありません。

左の詳細設定をクリック

左の詳細設定をクリック

プリウィンドウごとに異なる入力方式を選択する」

入力方式の切り替えの「アプリウィンドウごとに異なる入力方式を選択する」にチェックをする事で解決できる場合があるようです。

参考:http://www.radia.jp/windows10-photoshopcs2-trouble/

AdobeCCのイラストレーターやphotoshopCCに慣れてしまうと、物足りなさがありますが、画像加工程度では、adobe cs2で十分です。

Webデザイナーやイラストレーターを目指すはAdobeCCの最新ソフトを利用し使いこなせるようにしましょう。

関連記事

  1. Windows10のアップデートでAdobe CCソフトが文字化…

  2. CC2019

    adobeCC2019のイラストレーターが重くなった…aiを見る…

  3. アセット書き出し

    Illustrator(イラレ)の複数オブジェクトで1画像のアセ…

  4. RGBを選択

    Illustratorとphotoshopで画面が白黒になってし…

  5. AdobeCCのPhotoshopやイラストレーターでjpgなど…

  6. adobeキャンペーン

    adobe CC 2018キャンペーン中! 購入条件や注意点など…

ピックアップ記事

  1. Fetch as Google
  2. Classic Editor
ページ上部へ戻る