閉じる

Windows10でiTunesのダウンロード、インストールができない場合に確認するポイント

Windows10でiTunesがダウンロード、インストールが出来ない場合があります。

iTunesがAppleの公式サイトからインストールできない場合は何かしらPCに原因があったりします。
iTunesをダウンロード、インストールが出来ない場合に一度確認して欲しいところ、ポイントを紹介します。

iTunesをダウンロードできない場合は初めにパソコン、Windows10を再起動する

管理人も以前、パソコンを買い替えた時にiTunesがダウンロードできませんでした。
iTunesをダウンロードできない原因はわかりませんでしたがパソコンを再起動したらiTunesのダウンロードが可能になりました。

アプリのインストールが出来ない場合は再起動で解決する場合があります
再起動を行ってみてください。(Windows10では「shift」ボタンを押しながら再起動を行ってください。)

再起動後、iTunesダウンロードが可能になるか試してみましょう。

Windowsアップデートを行う

パソコンを再起動してもiTunesのインストールができない場合はWindowsアップデートを行ってみましょう。
WindowsのプログラムやPCドライバーなどが古い場合はインストールやiPhoneのデータの読み取りが行えない場合があります

Windowsアップデートはシステム→更新セキュリティからWindowsアップデートを行います。
アップデートをしてiTunesページからダウンロード、インストールしてみましょう。

ウイルス、セキュリティソフトを一時停止にしてみる

ウイルス、セキュリティソフトをインストールしている場合は一時停止にしてみましょう。
またはセキュリティーのレベルを一番低くしてみましょう。

セキュリティーのレベルが高い場合などはソフトのダウンロードでも遮断してしまう場合があります。
一時的に停止したりレベルを低くした後はiTunesダウンロードを試したら元に戻しましょう。

他のブラウザを試してみる

iTunesのダウンロードが上手くいかない場合はブラウザのプライベートウインドー(シークレットウインドー)で閲覧していたり、拡張機能やアドオンでブロックしている事があります。
Windows10標準のEdgeブラウザなのにという場合でも上手くいかない場合はGoogle Chromeなど他のブラウザを試してみましょう。

他のブラウザではインストールが上手くいく場合があります。

古いバージョンのiTunesがインストールされている場合はアンインストールする

Windows10のiTunesアプリはMicrosoft Storeのアプリでインストールしますが、古いプログラムのiTunesがアンインストールできないとインストールできない場合があります。

通常はMicrosoft StoreのiTunesアプリをインストールする際に古いiTunesアプリを削除しますが、何かの不具合でアンインストールできない場合は手動アンインストールを試しましょう。

手動でiTunesをアンインストールを行う場合は、コントロールパネルのプログラムと機能から行います。

設定→アプリ→右に表示されている関連設定のプログラムと機能をクリックします。

一覧にiTunesがないか確認してみましょう。
iTunesがある場合は右クリックでアンインストールを行い、Appleの公式サイトでダウンロードを試しましょう。

 「すでにインストール済み」 と表示される場合

Windowsでアプリをインストールしようとすると「すでにインストール済み」と表示される場合があります。
このメッセージは通常インストール済みに表示されますが、Microsoft Store(Windowsストア)でアプリをインストールした際に正常にインストールされなかったとしても表示されるケースがあります。アプリがインストールされているご認識されてしまっている状態です。

iTunesで「すでにインストール済み」とメッセージが表示された場合は正常だったPCの復元ポイントに戻すのが良いと思いますが、復元できない場合、復元ポイントを作成していなかった場合はMicrosoft Store(Windowsストア)のキャッシュを削除してみましょう。

Microsoft Store(Windowsストア)のキャッシュ削除とは

Microsoft Store(Windowsストア)のキャッシュ削除は「WSReset」というコマンドを使います。

一番下のタスクバー左端にあるWindowsキー(WINキー)の横などにある検索ボックスにコマンドを入力します。検索ボックスはWindowsキーを右クリックして「検索」でも表示されます。

その検索ボックスに「WSReset」と入力します。
上部に表示される、「WSResetコマンドの実行」を選択すると「WSReset」コマンドが実行されます

「WSReset」実行中は黒い画面、コマンドプロンプトの画面が表示されます。

キャッシュ削除は1分以内で終わる場合もありますし、数分続く事もあります。
Microsoft Store画面が表示されると終了です。

キャッシュ削除されたらiTunesダウンロード→インストールが可能かどうか確認してみましょう。

Microsoft Storeからのインストールではなくプログラムファイルをダウンロードしたい場合

Windows10ではiTunesをダウンロードしようとするとMicrosoft Storeからアプリをインストールしようとします。
もし、Microsoft Storeのアプリではなく、iTunesファイルをダウンロードしてWindowsのインストーラーからiTunesをインストールしたい場合は以下の手順でダウンロードを行います。

Windows用のiTunesの下にある黒いボタンはクリックしません。

 

その下にあるバージョン確認のWindowsをクリックします。
WindowsのところがWindows Storeに表示が変わったら、上のWindows用のiTunesのところに戻ると

「今すぐダウンロード」ボタンが表示されます。
ここからiTunesファイルがダウンロードできます。Microsoft Store画面は開きません。

(32ビット版の場合は下の「ここからダウンロード」をクリックしてください。)

iTunesファイルのダウンロードファイルは以下のAppleサポートページにも置かれています。

iTunesダウンロード(アップル サポート)

古いバージョンのiTunesファイルをしたい場合はここでダウンロードできます。

どうしても使用しているPCでiTunesをインストールできない場合は他のPCでダウンロードしてUSBや外付けハードディスクなどに保存すればインストールできます。

以上、iTunesをダウンロード、インストールが出来ない場合に確認して欲しいところを紹介しました。
参考になればと思います。

関連記事

  1. 「セキュリティで保護されたコンテンツのみ表示」の原因と無効にして…

  2. Windows 10 最新アップデートの失敗と個人用ファイルのみ…

  3. Chrome

    Chromeでパスワードが保存されなくなった時に試すこと

  4. Windows10 TH2のISOで32bitから64bitにア…

  5. 【Windows10】Groove ミュージックの使い方や画面の…

  6. Windows7はいつまで使える?買い替えのタイミングは?

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る