閉じる

AdobeCCのPhotoshopやイラストレーターでjpgなど写真ファイルが開けない場合の対応方法

AdobeCCのPhotoshopやイラストレーターでjpgなどの写真、画像ファイルを読みこもうとすると、
エラーでファイルが読み込めない場合があります。

イラストレーターのエラー内容

Photoshopやイラストレーターでjpgが開けない場合の対応方法

AdobeCCのイラストレーターで画像ファイルが開けない場合、「ファイルの形式が不明なため、開くことができません。」とエラー内容が表示される。

プラグイン
以前のイラストレーターのバージョンだと、
「プラグインはこのファイルを認識できません。そのためファイルを読み込みできませんでした。」
と表示されファイルを開く事ができません。

Photoshopのエラー内容

エラー内容

AdobeCCのPhotshop(フォトショップ)で画像ファイルが開けない場合、「~不明または無効な、JPEGマーカーが見つかりました。」とエラー内容が表示されます。

以前のバージョンでは、

要求された

「要求された操作を完了できません。 ファイル形式モジュールでファイルの解析を実行できません。」や


「要求された操作を完了できません。不明または無効な jpeg マーカーが見つかりました。」

などと表示されます。

AdobeCCで画像ファイルが開けない主な原因

このようなエラーメッセージが表示され、画像ファイルが開けない主な原因は拡張子(jpg、png)が実際の画像ファイルと異なる場合が多いです。

中には実際にファイルが壊れていて開けない場合がありますが、拡張子が違う場合は次の方法で解決できます。

イラレ、Photohop写真ファイルが開けない場合の対応方法

拡張性が違う原因でエラーが表示されい、写真ファイルが開けない場合は拡張子を変更すれば良いのですが、

簡単な方法は違うアプリケーションで開いて保存しなおすという形がおすすめです。

Windowsの場合はWindowsクセサリにあるペイントで開いてみましょう。

ペイント

ペイントでファイルを読み込む事ができたら、名前を付けて保存しなおします。

拡張子が原因でファイルが開けない場合は、これでイラストレーターやPhotoshopでファイルが読み込む事が可能になると思われます。

Macの場合は、画像をダブルクリックして

写真保存

プレビューでファイルが開ければ、別名で保存します。

もし、WindowsのペイントやMacの画像プレビューで開けない場合はファイルが壊れている可能性があります。

Adobeのアプリで

「ファイルの形式が不明なため、開くことができません。」

「JPEGマーカーが見つかりました。」

など表示された場合は一度試してみましょう。

関連記事

  1. 2019年でも無料で使える!?cs2のphotoshopとイラス…

  2. adobeキャンペーン

    adobe CC 2018キャンペーン中! 購入条件や注意点など…

  3. RGBを選択

    Illustratorとphotoshopで画面が白黒になってし…

  4. Photoshop CC2015のアップデートが失敗する(エラー…

  5. アセット書き出し

    Illustrator(イラレ)の複数オブジェクトで1画像のアセ…

  6. CC2019

    adobeCC2019のイラストレーターが重くなった…aiを見る…

ピックアップ記事

  1. Fetch as Google
  2. Classic Editor
ページ上部へ戻る