閉じる

「2023年7月1日より、ユニバーサル アナリティクスでは標準プロパティで新しいデータの処理ができなくなります。」表示とGoogle アナリティクス 4の移行方法

2022年3月上旬からGoogle Analytics(Google アナリティクス)のページ上部に

2023 年 7 月 1 日より、ユニバーサル アナリティクスでは標準プロパティで新しいデータの処理ができなくなります。それまでに Google アナリティクス 4 プロパティに切り替えて設定を進めておきましょう。

2023 年 7 月 1 日より、ユニバーサル アナリティクスでは標準プロパティで新しいデータの処理ができなくなります。それまでに Google アナリティクス 4 プロパティに切り替えて設定を進めておきましょう。

とメッセージが表示されています。

このメッセージはGoogle アナリティクス4プロパティに移行を促すメッセージです。

Google アナリティクス4とは

ga4

2020年10月中旬にGoogleが発表したGoogle アナリティクス4は、いままでのUniversal Analytics(ユニバーサル アナリティクス)jを全面的な見直しをおこなったGoogle アナリティクス、第4世代の最新プロパティです。

機械学習技術でユーザー行動データの正確性を向上し、Cookieを使用できない環境でのユーザー行動データの補正など、いままでより測定データの誤差がなくなるとされています。大きなバージョンアップです。

ユニバーサルアナリティクスはGoogle アナリティクス4に移行が必要

Google アナリティクスは無料で使えることもあり多くのユーザーが使用していますが、ほとんどがユニバーサルアナリティクス プロパティを使用していると思われます。

2023年7月1日以降、Google アナリティクスのユニバーサルアナリティクスで設定されているプロパティはデータ収集を停止する予定です。
ユニバーサルアナリティクス360(GA360)のプロパティは2023年10月1日までデータ収集予定で、こちらも10月1日以降はデータ収集停止予定です。

通常の無料版Google アナリティクスで

2023 年 7 月 1 日より、ユニバーサル アナリティクスでは標準プロパティで新しいデータの処理ができなくなります~ 」

とページ上部に表示されている場合は2023年7月1日までに移行設定が必要です。

Google アナリティクス4の移行方法はgtag.jsを使用しているかどうかで変わる

Google アナリティクス4への移行方法はユニバーサル アナリティクスでgtag.jsを使用している場合と使用していない場合で変わります。

gtag.jsのトラッキングコードには下記のようなコメントが記載されています。

<ーー Global site tag (gtag.js) - Google Analytics ーー>

現在のGoogle Analyticsプロパティでgtag.jsを使用しているかどうかはGoogle アナリティクス4に移行を行っていく「Googleアナリティクス4 プロパティ作成」画面で確認できます。

Google アナリティクス4への切り替え、移行方法

Google アナリティクス4への移行方法の手順を説明します。

GA4設定アシスタント画面への移動

Google アナリティクス4への移行、プロパティ設定はGA4設定アシスタント画面から行います。

GA4移行開始
ページ上部にある「開始」ボタンをクリックするか

GA設定

左メニュー「管理」ボタンをクリックして

GA4設定アシスタント

「GA4設定アシスタント」を選択してください。

Google アナリティクス4

Google アナリティクス4 プロパティ設定アシスタント画面が表示されます。

「はじめに」をクリックするとプロパティ作成画面が表示されます。

Google アナリティクス4のプロパティを作成する

Google アナリティクス4のプロパティ作成画面に移行したら

「既存のタグを使用してデータ収集を有効にします。 ~」のところでチェックできるか確認します。

「既存のタグを使用してデータ収集を有効にします」のチェックできる場合

新しい Google アナリティクス 4 プロパティの作成

「既存のタグを使用してデータ収集を有効にします。 ~」のところで

チェックを付けられる場合は「プロパティ作成」ボタンをクリックすれば移行が完了です。

プロパティを接続しました。

設定完了後「プロパティを接続しました。」と表示されます。

この場合はgtag.jsを使用しているので、アナリティクスタグ、トラッキングコードを変更する必要はありません。

いままで設定されていたWebサイトやタグマネージャで設定されているトラッキングコードをそのまま使用できます。

いままでとプロパティが変わるので、IP制限やフィルターの設定、コンバージョンなどの設定は設定しなおす必要があります。

トラッキングコードのjavascriptに追記している場合は調整が必要です。

「既存のタグを使用してデータ収集を有効にします」のチェックできない場合

現在のタグ設定では、GA4 を使用するために新しいタグをサイトに実装する必要があります。

「既存のタグを使用してデータ収集を有効にします。 ~」のところで

チェックが付けられない場合はその下に「現在のタグ設定では、GA4 を使用するために新しいタグをサイトに実装する必要があります。」と注意書きが記載されています。

このような場合は新たにプロパティを作成してWEBサイトやモバイルアプリなどにトラッキングコードを設定しなおす必要があります。

「プロパティを作成」ボタンをクリックして次に進みましょう。

Google アナリティクス4 プロパティ作成

プロパティを接続しました。

「プロパティを接続しました。」と表示されたら、Google アナリティクス4のプロパティ作成完了です。

「GA4プロパティを確認」ボタンをクリックします。

Google アナリティクス4のトラッキングコードの確認

新しいGA4プロパティを作成したら、データの収集を開始するためにサイトにトラッキングコードを追加する必要があります。

Google アナリティクス4プロパティのトラッキングコードを確認します。

Google アナリティクス4のトラッキングコードの確認

アシスタントの設定画面に移行したら、収集の中にある「タグの設定」をクリックします。

データストリーム

データストリーム画面に移行したら「>」の部分をクリックします。

ウェブストリーム詳細

ウェブストリームの詳細画面に移行したら、タグ設定手順の赤枠をクリックします。

ga4トラッキングコード

Google アナリティクス4のトラッキングコードが表示されます。

コピーボタンなどをクリックしてコードをコピーしてGOOGLEアナリティクス変更対象のWEBサイトやアプリケーションのトラッキングコードをGoogle アナリティクス4のトラッキングコードに差し替えましょう。

移行後はリアルタイムレポートで正常にアクセスされるか確認しましょう。

 

Google アナリティクス4とユニバーサルアナリティクスコードの共存は?

Google アナリティクス4とユニバーサルアナリティクスコードの共存はプロパティが別れているので問題ないようです。

公式サイトでアナウンスされています。

さまざまなタイプのトラッキングコードを持つ個別のプロパティです(これについては後で説明します)。トラフィックは二重にカウントされません。

Google アナリティクス 4 に切り替える(GOOGLEアナリティクス 公式サイト)

Google アナリティクス4移行後は、いままでとプロパティが変わるので、IP制限やフィルターの設定、コンバージョンなどの設定は設定しなおす必要があります。

メールでも「Google では、2023 年にユニバーサル アナリティクスのサポートを段階的に終了させていただきます。」という件名のメールがGOOGLEから送信されはじめまています。

Google アナリティクス4への移行は企業やマーケティング会社など、慎重に移行しなければならないケースがあるでしょう。担当者は公式WEBサイトの内容を確認しておきましょう。

以上、Google アナリティクス 4のメッセージと移行方法を紹介しました。

関連記事

  1. Googleのプレゼンテーション「GOOGLEスライド」のスライ…

  2. reCAPTCHA

    フォームの迷惑メール対策で有効なGoogle「reCAPTCHA…

  3. 日本語設定

    Google サーチコンソールの表示文字を日本語に変更する【20…

  4. サイト内検索機能をGoogleカスタム検索で設置する

  5. YDNバナーサイズ追加

    YDNのスマホ画像のサイズが追加されました

  6. Maps JavaScript API

    Google Maps PlatformでのGoogle Map…

ピックアップ記事

  1. 日本語設定
  2. キャプチャソフト
ページ上部へ戻る