閉じる

IMPとは?リスティング広告で使用する基本用語

リスティング、マーケティングでよく使う言葉と意味を紹介します。

IMP インプレッション(Impression)

サイト内、またはアプリで広告が表示された回数の事をいいます。
インプレッション数とも呼ばれます。

CTR シーティーアール(Click Through Rate)

クリック率の事をいいます。
クリック数(CTs)÷ IMP(インプレッション数)で算出します。主に%表示です。
はじめは1%以上を目指します。

計算例
クリック数:5,000回、IMP:100,000
5000÷100000=0.05
0.05を%表示にすると
CTRは5%となる。

CPM インプレッション単価(Cost Per Mille)

CPMは広告が1,000 回表示された際にどれぐらいの単価がかかったかを言います。
広告表示数IMPの単価なので、インプレッション単価と呼ばれる事もあります。

CTs クリック数(Click Through)

CTsはクリック数の事です。実際にクリックされた回数の事をいいます。

CVs CV コンバージョン数(Conversion)

広告から発生した成果数の事をコンバージョン数といいます。
リスティング広告(ディスプレイ広告)やGOOGLEアナリティクスでコンバージョン数を取得するにはフォームの完了ページなどにタグを配置する必要があります。

CVR コンバージョン率(Conversion Rate)

クリック数に対してのコンバージョン数の割り合いの事を言います。
コンバージョン数(CVs ) ÷ クリック数(CTR)で算出します。

計算例
コンバージョン数(CVs ):10回、クリック数CTR:3,000
10÷3,000=0.0033
0.0033を%表示にする(100を掛ける)
CTRは0.33%となる。

Cost ご利用料金

広告配信期間に使用した広告費の合計をいいます。

CPA 成果獲得単価(Cost Per Action)

1コンバージョンあたりの費用の事をいいます。
コスト(Cost) ÷ コンバージョン数(CVs )で算出します。

上記は一部で、まだまだ、上げれば、きりがないですが、
IMPなどは、リスティングだけではなく、多方面で使用しますので、覚えておくといいでしょう。

関連記事

  1. ディスプレイ広告のバナーサイズ

    ディスプレイ広告GDN・YDNバナーサイズと審査が通らない画像の…

  2. GOOGLEADS

    Google AdWordsが7月24日より「Google 広告…

  3. YDNバナーサイズ追加

    YDNのスマホ画像のサイズが追加されました

  4. 他の拡張機能を見る

    GOOGLEアドワーズ、GDNのタグを確認できる拡張機能タグアシ…

  5. Googleアナリティクスで閲覧ユーザーでも他のユーザーが確認で…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る