閉じる

ディスプレイ広告GDN・YDNバナーサイズと審査が通らない画像のケース

ディスプレイ広告のバナーサイズは、たくさんあります。
2017年3月現在のGOOGLE(GDN)、YAHOO(YDN)のバナーサイズ、画像ファイル容量、基本のサイズを簡単にまとめました。

ディスプレイ広告の画像容量

150 KB 以下(GDN、YDN共に)

※YDNの1200×628サイズも、2016年10月13日に変更となりました。

ディスプレイ広告の画像拡張子(ファイル形式)

.JPEG
.JPG
.PNG
.GIF

YDNのバナーサイズ

YDNのバナーサイズを記載します。
画像サイズの単位は、左の数値が横サイズ(width)、右の数値が高さ(height)のピクセルです。

全デバイス、PC・タブレット、スマートフォン共通

600×500

300×250

PC・タブレット

468×60

728×90

160×600

スマートフォン

640×200
640×100

320×100

320×50

テンプレート広告のレスポンシブバナーサイズ

300×300

1200×628

テンプレート広告のロゴ画像サイズ

180×180

YDNのテンプレート、レスポンシブ広告は、トリミングされる場合があります。
バナー画像作成前に、シミュレーターで確認しましょう。

GDNのバナーサイズ

PC・タブレット

120×600

160×600

240×400

300×1050

300×250

300×600

336×280

468×60

728×90

970×90

970×250

スマートフォン

200×200

250×250

320×50

320×100

300×250

レスポンシブ広告

マーケティング画像

横向き: 1200×628(最低要件: 600×314)

スクエア: 1200×1200(最低要件: 300×300)

ロゴ

スクエア: 1200×1200(最低要件: 128×128)

最低限登録した方が良いと言われるGDN・YDNのバナーサイズ

本来は、多くのサイズを登録すれば、その分、掲載回数が多くなるので、全てのサイズを登録する事を推奨されます。
しかし、バナー作成も、手間や費用がかかりますので、YDNとGDNで、最低限登録した方がいいと言われるサイズを下記にまとめました。

最低限作成した方が良いといわれる定番の画像サイズ

300×250(PC、スマートフォン)※YDNとGDN共通サイズ
336×280(PC)※GDNのみ
468×60(PC)※YDNとGDN共通サイズ
320×50(スマートフォン)※YDNとGDN共通サイズ
320×100(スマートフォン)※YDNとGDN共通サイズ

余裕がある場合作成したいバナーサイズ

160×600(PC)※YDNとGDN共通サイズ
728×90(PC)※YDNとGDN共通サイズ

画像審査の時間

バナー画像の審査にかかる時間の目安ですが、GDNは、平日なら、だいたい 1 日以内かと思われます。

YDNの場合も1日以内という場合もありますが、平日なら2日から3日みておいた方がいいでしょう。

また、YDN、GDN共にバナー画像の審査に通ったあと、広告が停止することがありますのでご注意ください。

画像の審査に通らなかった場合に確認すること

審査中

ディスプレイ広告のバナー画像審査で落ちる場合ケースですが、

  • 画像内に、リンク先の企業名、企業名のロゴ、またはブランド名が表示されていない。
  • 広告の表現がポリシー、ガイドラインに違反している。
  • 背景を透過にした画像を登録している。
  • 角を丸くした画像を使用している。

などです。

画像内に、リンク先の企業名、企業名のロゴやブランド名がない場合と広告の表現がポリシー、ガイドラインに違反しているケースが通らないケースの多くを占めると思います。

仮に、システムの審査が通った後に、YDN、GDNともに、人の目での審査が行われることがあるようです。

初めて、ディスプレイ広告を掲載する方は、下記のガイドラインに目を通すと良いでしょう。
YDN画像広告 ガイドラインに抵触しない広告表現とは
AdWords 広告掲載のポリシーリスト

関連記事

  1. GOOGLEADS

    Google AdWordsが7月24日より「Google 広告…

  2. 他の拡張機能を見る

    GOOGLEアドワーズ、GDNのタグを確認できる拡張機能タグアシ…

  3. IMPとは?リスティング広告で使用する基本用語

  4. YDNバナーサイズ追加

    YDNのスマホ画像のサイズが追加されました

  5. Googleアナリティクスで閲覧ユーザーでも他のユーザーが確認で…

ピックアップ記事

  1. エラー
ページ上部へ戻る