閉じる

Chromeのエンコード機能が消えた!が拡張機能が公開されていた

昨年12月にChromeのバージョンアップの時に、エンコード機能がなくなりました。

ほとんどのサイトページがUTFで作成されるようになった現在、エンコード機能を使用する人は少なくなってきたと思いますが、旧いサイトの中には、shift-jisやeucにしないと文字化けするページが存在します。

また、Web制作の仕事を行っているは、旧サイトのメンテナンスも行う場合があります。

Chromeのエンコードが消えたとして、FIREFOXを使えばいいのですが、
Chromeのデベロッパーモードのついでに使えれば、効率が良いのです。

Chromeエンコード拡張機能が公開されていた

情報を集めようかと思い、フォーラムを見ていましたら、拡張機能に「テキストエンコーディング」が追加されていると情報が!

Chrome 拡張機能 テキストエンコーディング

参考:Google Chrome ヘルプ フォーラム

導入してみると問題ありません。

説明にあるように右クリックメニューに「テキストエンコーディング」が追加され、選択できます。

やはり便利ですね。

提供しているBitLabと情報を公開してくれた方に感謝です!

ドスパラ パソコンは自作できる

関連記事

  1. ページテスト

    新しいサーチコンソールで追加したページや以前からあるURLを再ク…

  2. chrome hosts

    Chromeでhosts設定を行える拡張機能

  3. Fetch as Google

    Fetch as Google機能が3月28日で廃止

  4. グーグル サーチコンソールの表示文字を日本語に変更する

  5. Googleアナリティクスで表示されるnot providedの…

  6. Googleアナリティクスで閲覧ユーザーでも他のユーザーが確認で…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る