閉じる

SPFレコードの設定とチェック

一般的に送信メールは、主にSMTPプロトコルを使いますが、
SMTPはドメインのなりすましを行えます。
なりすましメール、スパム送信元を防ぐためにも、
予防策としてDNSレコードの設定、TXTレコードでSPFレコードを設定しておきましょう。

SPF(Sender Policy Framework)とは

SPF(Sender Policy Framework)、DNSのTXTで設定します。
SPFレコードに、サーバのIPアドレスを記述します。

SPFの設定

まずは、サーバーのコンパネなどでIPを確認します。
使用しているネームサーバーのDNS設定でTXTを追加して設定する。

v=spf1 +ip4:xxx.xxx.xxx.xxx ~all
または、
v=spf1 ip4:xxx.xxx.xxx.xxx include:サーバーのドメイン名 ~all
xxx.xxx.xxx.xxxは、使用サーバーのIPアドレスです。

サーバー会社によって違うので、注意が必要です。

○お名前.comのDNSレコード設定例

お名前SPF設定例

 

お名前.comのDNSでSPFレコードの追加する場合は、
TYPEでTXTを選択、VALUEに上記のv=spf1 ip4:~を追加します。
例えば、利用しているサーバーのIPが、100.101.102.103の場合、
v=spf1 ip4:100.101.102.103 ~all

となります。

XSERVERのネームサーバーを使用する場合、DNSレコードの設定方法がマニュアルページが用意されています。

>XSERVER、DNSレコードの編集(DNSレコードへのSPF設定箇所を参照)

SPFの設定確認サイト

下記サイトでSPFの設定が確認できます。ご参考ください。

http://mxtoolbox.com/spf.aspx
http://www.mailcleaner.net/tools/test_spf.html

関連記事

  1. 詳細

    Windows10 標準メールアプリに独自ドメインやプロバイダの…

  2. メール不具合やフォームメールが届かない場合はSpamhausなど…

  3. iPhoneのメールで「問題が繰り返し発生したため、このメッセー…

  4. 独自ドメインのメールをGMAILで受信する設定

  5. This IP address is currently blocked.

    @me.comや@icloud.comなどのメアドがお問い合わせ…

  6. Hacking Alert! You account was hacked

    Hacking Alert! You account was h…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る