閉じる

TPMとは何?Windows10のPCでTPMのバージョンを確認する方法

先日、Windows11の機能や無償アップグレードなどがMicrosoftから発表されました。

無償アップグレードの要件の1つにTPMバージョン2.0があるようです。

ここではTPMとは何か簡単に説明しTPMのバージョン確認方法を紹介します。

TPMとは

TPMは、 Trusted Platform Module(トラステッド プラットフォーム モジュール)の略で一般的にはTCG(Trusted Computing Group) という団体が規定されたものと言われています。

TPMを簡単に説明すると、セキュリティチップのことをいいます。

SSDなどのストレージ内にあるデータを暗号化する時、暗号鍵というものを保存する必要があります。暗号鍵は暗号化するストレージとは別の場所に保存するのがセキュリティ上好ましいのです。

その暗号鍵を保存するのがTPMのセキュリティチップです。TPMが設定されているPCは暗号鍵をストレージとは別のTPMに保存できます。

TPMはPCに搭載されているだけでは使用できません。Windows10のPCを購入した場合は通常TPMが有効になっているはずですが、Windows7からアップグレードした場合、有効になっていない場合があります。TPMの管理画面で「TPMは使用する順日ができていません」などと表示されている場合はTPMを有効にする必要があります。

Windows10でTPMを利用しているのが、BitLockerというドライブの暗号化機能です。

TPMのバージョンは2021年現在、TPM1.2とTPM2.0の2種類があります。

Windows10のTPM確認方法

Windows10でTPMのバージョンを確認する方法を紹介します。確認する方法はいくつかあります。

TPMのバージョンだけを確認する方法

TPMのバージョンだけを確認する場合はデバイスマネージャーで確認できます。

デバイスマネージャー画面を開くには、画面左下にあるWindowsアイコンのスタートを右クリック、「デバイスマネージャー(M)」を選択します。

デバイスマネージャーを開いたら、セキュリティデバイスをクリックすると「トラステッド プラットフォーム モジュール」が表示されます。

はじめに記載しましたが、トラステッド プラットフォーム モジュールはTPMのことです。

トラステッド プラットフォーム モジュール 1.2

トラステッド プラットフォーム モジュール 2.0

横に表示してある数字がバージョンとなります。

TPMの状態とバージョンを確認する方法

TPMは使用できるのに有効になっていない場合があります。例えば、Windows7からWindows10にアップグレードしたPCです。

Windows7からWindows10にアップグレードしたPCの場合はTPMの状態を確認してみましょう。

はじめからWindows10のPCを購入した場合はほとんどのPCはTPMが有効になっているはずです。

TPMの状態を確認する方法は、「ファイル名を指定して実行」で入力します。

キーボードにあるWindowsキーとRを同時押しか画面左下にあるWindowsアイコンのスタートを右クリック→「ファイル名を指定して実行(R)」をクリックします。

「ファイル名を指定して実行」で名前の横に

tpm.msc

を入力して「OK」をクリックします。

するとTPMの管理情報画面が開きます。

状態のところで正常に動作しているか確認しましょう。

TPMが有効でない場合は「TPMは使用する準備ができていません」などと表示されます。

その他、TPMはUFEIから確認できます。

 

以上、TPMの確認方法を紹介でした。

関連記事

  1. Sモードをオフに

    SurfaceでChromeなどの他社アプリをダウンロード・イン…

  2. Windows10でオフィス2007、2010がインストールエラ…

  3. 「Windows10版のメールから送信」の署名 文言を削除する方…

  4. 【Windows10】Groove ミュージックの使い方や画面の…

  5. iTunesの古いバージョン(旧バージョン)はAppleサポート…

  6. 「Windows 10 Fall Creators Update…

ピックアップ記事

  1. キーワード
ページ上部へ戻る