閉じる

海外通販フォームの入力について~電話番号+81や英語住所の記載

海外からの輸入

海外の通販サイトでショッピングを行う場合、住所などの書き方は日本語とは少し違います。
調べながら注文しても、しばらくすると忘れてしまいます。
自分なりの注意点、メモとして、住所の基本的な記載や注意点を記載しました。
アメリカやイギリス、カナダなどの英語圏の注文経験しかありませんが、他言語の場合は参考外としてください。

海外通販サイトでの英語住所の記載例

海外の通販サイトで注文時に記載する住所の書き方について、注意点などを記載します。
Country(国)とCity(市町村)と番地、電話番号の記載があれば荷物が届くと言われています。
全てローマ字で問題ないと思われます。

First NameとLast Name

「First Name」→「名前」
「Last Name」→「苗字」です。

City(市町村)の記載

仙台の場合

Sendai-shi
Sendai City
Sendai
のような形です。

Phone 電話番号に+81をつける

電話番号は、海外の場合は、+81をつけます。また、日本の電話番号のはじめの0(ゼロ)が不要になります。ハイフン(-)もつけません。
下記のような形になります。
03-1234-5678

+81312345678

+81とは何なのかというと、日本の国番号です。

海外からの国際電話では、先頭の0(ゼロ)の代わりに、+81が必要です。

海外のWEBサービスや、元が海外のSNSなどは、+81の入力が基本入力です。
※iPhoneも、以前は、携帯電話番号「+81」の表示でした。

Zip Code 郵便番号に-をつけない?

郵便番号は、海外では、間にハイフン(-)はつけない場合もあります。
しかし、いままで、ハイフンを付けて注文した事がありますが、届いています。
入力フォームのフォーマットに従いましょう。
※郵便番号マーク(〒)も不要です。

部屋番号の前には、#をつける

マンションやビルの部屋番号は、ビル名、マンション名の前に記載し、部屋番号の前に#をつけます。

ビルの入力例

サンプルビル 501号
↓、
#501 sample building
ような形になると思います。
※昔注文した時は、順番を逆にしても届きました。配達員の方がわかれば、日本では届くんです~

Ship to a different addressとは

注文を進めていくと、記載されているるShip to a different addressは、
登録した住所と異なる場合は~という意味合いになると思います。
登録した自宅、会社住所以外に送る場合は、登録しましょう。

海外の送料や決済完了までの英語表記

Subtotalとは

Subtotalはいわゆる小計です。送料と別に記載されます。
Totalは合計です。

Proceed to Checkoutで決済に進む

住所や注文製品など、全ての内容を確認を終えたら、「Proceed to Checkout」をクリックする形になります。
Proceed to Checkoutは、「決済に進む」、「決済確認画面に進む」ボタンとお考えください。

Shipping Methodya

Shipping Methodは発送方法についての確認です。

USPS、FedExとは?配送方法について

アメリカの通販サイトで有名な配送会社は、USPS、UPS、FedExがあります。
いままで、USPSを選んでいます。

急ぎの場合は、FedExです。少し高くなりますが、他より早いイメージです。
FedExでも、
FedEx International Priority
FedEx International Economy
の2つがあります。
FedEx International Priorityの方が早く、料金も少し高くなります。

Complete Your Purchase

注文が完了すると、「order 注文番号」や「Complete Your Purchase」のようなメールメッセージが届きます。
Complete Your Purchaseは注文完了の事です。

その他

View Invoice

View Invoiceは、請求確認のことです。金額などを確認しましょう。

~has been successful.

注文、決済が完了すると完了メールが送られます。
Your order from amazon has been successful.は、amazonの注文が完了しました。のような形です。

Amountとは

Amountは金額の事です。
Amount: 105.25 USDは、105.25USドルの事です。

Productとは

Productは、注文製品が記載されます。

Shippingとは

Shippingは、運送についてです。配送会社などが記載されます。

You must accept our Terms & Conditionsについて

決済をしようとすると、アラートで「You must accept our Terms & Conditions」が表示される場合があります。
これは利用規約に同意されていないというエラーですので、ページ内に「accept the terms & conditions」などのチェック項目がないか確認してください。

How do you want to pay?

決済で、「How do you want to pay?」と表示されたら、

Direct bank transferとは

Direct bank transferは、銀行口座送金の事です。海外通販ではあまり使用されない方がいいでしょう。(金額が多い場合は特に)

Send me product updatesのチェック

Send me product updatesのチェックボックスについてですが、これは、いわゆるメルマガ送信有無と考えていいと思います。
本来は不要だと思いますが、必要ならチェックしましよう。

この英表記については、海外通販サイトで注文するにあたり、自分なりにまとめたものです。間違いがあるかもしれません。
他サイトなどもご確認頂き、購入されてください。

住所の表記は、マンションやビルの前後の間違いなどがあっても届きました。
はじめに記載しましたが、日本の運送会社は、番地のビル名などの順番など、多少の間違いがあっても届けてくれます。
ただし必要な情報は必ず記載しましょう。

サプリの海外通販はamazonで購入した方が安く購入できる場合があります。

関連記事

  1. HTTP 500 エラーの主な原因と確認事項

  2. Chromeのキャッシュ場所と履歴の削除

  3. Illustrator アートボード範囲外の画像書き出し(初心者…

  4. iphoneのデータ初期化は簡単!

  5. WindowsとMacのhosts設定~サーバー移転を行う場合は…

  6. Chrome、Firefoxのフォーム入力履歴を削除したい場合

ピックアップ記事

  1. Fetch as Google
ページ上部へ戻る