閉じる

AdobeCCのPhotoshopやイラストレーターでjpgなど写真ファイルが開けない場合の対応方法

AdobeCCのPhotoshopやイラストレーターでjpgなどの写真、画像ファイルを読みこもうとすると、
エラーでファイルが読み込めない場合があります。

イラストレーターのエラー内容

Photoshopやイラストレーターでjpgが開けない場合の対応方法

AdobeCCのイラストレーターで画像ファイルが開けない場合、「ファイルの形式が不明なため、開くことができません。」とエラー内容が表示される。

プラグイン
以前のイラストレーターのバージョンだと、
「プラグインはこのファイルを認識できません。そのためファイルを読み込みできませんでした。」
と表示されファイルを開く事ができません。

Photoshopのエラー内容

エラー内容

AdobeCCのPhotshop(フォトショップ)で画像ファイルが開けない場合、「~不明または無効な、JPEGマーカーが見つかりました。」とエラー内容が表示されます。

以前のバージョンでは、

要求された

「要求された操作を完了できません。 ファイル形式モジュールでファイルの解析を実行できません。」や


「要求された操作を完了できません。不明または無効な jpeg マーカーが見つかりました。」

などと表示されます。

AdobeCCで画像ファイルが開けない主な原因

このようなエラーメッセージが表示され、画像ファイルが開けない主な原因は拡張子(jpg、png)が実際の画像ファイルと異なる場合が多いです。

中には実際にファイルが壊れていて開けない場合がありますが、拡張子が違う場合は次の方法で解決できます。

イラレ、Photohop写真ファイルが開けない場合の対応方法

拡張性が違う原因でエラーが表示されい、写真ファイルが開けない場合は拡張子を変更すれば良いのですが、

簡単な方法は違うアプリケーションで開いて保存しなおすという形がおすすめです。

Windowsの場合はWindowsクセサリにあるペイントで開いてみましょう。

ペイント

ペイントでファイルを読み込む事ができたら、名前を付けて保存しなおします。

これでイラストレーターやPhotoshopでファイルが読み込む事が可能になると思われます。

Macの場合は、画像をダブルクリックして

写真保存

プレビューでファイルが開ければ、別名で保存します。

もし、WindowsのペイントやMacの画像プレビューで開けない場合はファイルが壊れている可能性があります。

Adobeのアプリで

「ファイルの形式が不明なため、開くことができません。」

「JPEGマーカーが見つかりました。」

など表示された場合は一度試してみましょう。

ピックアップ記事

  1. キーワード
    SEO(Search Engine Optimization)対策とはGoogleなどの検索…
  2. 先日、Windows11の機能や無償アップグレードなどがMicrosoftから発表されました。…
  3. 2021年WEB制作やネットショップで利用できる補助金について2021年の補助金の公募が開始…
ページ上部へ戻る