閉じる

TABLE thとtdの違いと記載について

以前、TABLEでホームページを作成する時代もありましたが、現在、TABLEは表の表示で利用します。

そのテーブルの表で主に使うタグは、<table>、<tbody>、<tr>、<th>、<td>要素です。

<tr>は表の行を枠組みします。

<th>は見出しを表示します。

<td>は表のセルです。

thは、CSSで設定しないと、hタグのように太字になります。

テーブルの記載例

<table>
<tbody>
<tr>
<th>会員NO.</th>
<th>パスワード</th>
</tr>
<tr>
<td>001</td>
<td>passpass1</td>
</tr>
</tbody>
</table>

実際の表示例

会員NO. パスワード
001 passpass1

thとtdの属性について

以前は、表の文字の配置や幅などは、th、tdの属性で記載していました。align、valign、widthなどです。
しかし、HTML5から、th、tdの属性は廃止となりました。

文字の配置や幅などは、CSSで設定しましょう。

ピックアップ記事

  1. 「Geocode was not successful ~」や「Google マップが正しく読み込ま…
  2. PCやスマートフォンがいつまで使えるかはOSのサポート次第になります。iPhoneの場合はApp…
  3. 「Groove ミュージック」は、Windows10に導入されている音楽アプリです。…
ページ上部へ戻る