閉じる

HTMLのリンク設定(ホームページのaタグの設定)

ホームページの文字と画像にリンクを設定するする場合、<a>タグ、<a href=””></a>を使用します。
※一般に、この<a>タグ、ハイパーリンクを定義、すると言われます。

<a>タグの設定

まず、他のページにリンクする場合、href属性にリンク先のURLを設定します。

GOOGLEにリンクを設定した例

<a href="https://www.google.co.jp/">https://www.google.co.jp/">GOOGLE</a>

リンクを別タブ、別ウインドーで開く

リンクを別タブ、別ウインドーで開きたい場合は、target属性に「_blank」を設定します。

target="_blank"


<a href="https://www.beginnerweb.net/pagenailink" target="_blank">ページ内リンクとは?</a>

クリックすると別タブで表示されます。
ページ内リンクとは?

その他、targetの属性には、「_self」や「_top」がありますが、ほとんど使いません。その昔、フレームでホームページを作成する場合は使用しました。

nofollowのリンク

その他、rel属性というものもあります。rel属性がどのようなものかというと、サイトページとリンク先の関係を示すようなものです。

指定する決まりはありませんが、数年前より、GOOGLEの外部リンクに対するペナルティが強化されました。
広告のリンクに、rel=”nofollow”をつける事を推奨しています。


<a href="https://www.google.co.jp/">https://www.google.co.jp/" rel="nofollow">GOOGLE</a>

このrel=”nofollow”wを付ける事で、検索エンジンはリンク先を辿らなくなります。

外部のリンクを多用する場合には、nofollowをつけましょう。

<a href=”#”>~</a>の指定

<a href=”#”>~</a>の設定しているホームページがよくありますが、

これは、ホームページの先頭に戻る際の指定で、#を指定しています。

SEO調査ソフトの中には、この#を、空のリンクとして判断する場合もありますが、これが原因で順位が下がるという事はないでしょう。

他の<a>タグ属性

<a>タグの属性は、hrefやtarget以外にも、他にも色々な属性があります。

href、rel、target、hreflang、media、downloadなどです。

media、downloadは、html5 から追加されました。

HTML5で除外された<a>タグの属性

charset、name、coords、rev、shapeは、HTML5からサポートされなくなりました。
nameは、ページ内リンクで以前使われていましたが、他はxhtmlでも、あまり使われておりませんでしたのでサポートされなくなったのは必然的といえるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 「Geocode was not successful ~」や「Google マップが正しく読み込ま…
  2. PCやスマートフォンがいつまで使えるかはOSのサポート次第になります。iPhoneの場合はApp…
  3. 「Groove ミュージック」は、Windows10に導入されている音楽アプリです。…
ページ上部へ戻る