閉じる

Instagram(インスタグラム)のアクセストークン、APIが仕様変更!2020年6月29日までに切り替えが必要

ホームページ、WEBサイトのページ内にinstagramの画像などを表示する場合、アクセストークンやAPIが必要です。

Instagram(インスタグラム)の新しいAPIはインスタスラムとFacebookの同期が必要

そのinstagramのAPI(the Basic Permission for Instagram Legacy API)ですが、2020年6月に提供廃止が予定されています。

代わりにInstagram Graph APIやInstagram Basic Display APIへの移行が必要です。※画像などの埋め込みならInstagram Graph APIだけです。

参考元

Instagram Developer Documentation

 

インスタグラムの新しいapiの設定は、インスタスラムとFacebookで同期するような形となります。

Instagram Graph APIを利用する場合、以下のような流れになります。

1、Facebookアカウントの準備(Facebookページを事前に準備する必要あり)

2、インスタグラムのアカウントをビジネスアカウントにする。

インスタグラムのモバイルアプリにログインして、「プロフィルを編集タップ」→「プロアカウントに切り替える」を選択、

「ビジネス」または「クリエイター」を選択して、設定を進めます。(ここで、FacebookページのURLが必要)

3、FACEBOOKアプリ作成、APIエクスプローラーでアクセストークンを取得

 

WordPressのインスタグラムの画像連携プラグイン「Instagram Feed」も新しいAPI、Instagram Graph APIに対応予定のようです。いままで、Instagram Feedでのアクセストークン発行、設定はWordpress管理画面で発行でき簡単でしたが、事前にアクセストークンの発行が必要になるかもしれません。

関連記事

  1. Facebook Page Plugin(ページ プラグイン)埋…

  2. chrome hosts

    Chromeでhosts設定を行える拡張機能

  3. LineをPCやタブレットで盗み見されないためのセキュリティ設定…

  4. iphone

    【CSS】Androidのみ余白や文章の行間がせまくなる時はli…

  5. サイト内検索機能で広告yahooカスタムサーチを利用する

  6. reCAPTCHA

    フォームの迷惑メール対策で有効なGoogle「reCAPTCHA…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る