閉じる

Instagram(インスタグラム)のアクセストークン、APIが仕様変更!2020年6月29日までに切り替えが必要

ホームページ、WEBサイトのページ内にinstagramの画像などを表示する場合、アクセストークンやAPIが必要です。

Instagram(インスタグラム)の新しいAPIはインスタスラムとFacebookの同期が必要

そのinstagramのAPI(the Basic Permission for Instagram Legacy API)ですが、2020年6月に提供廃止が予定されています。

代わりにInstagram Graph APIやInstagram Basic Display APIへの移行が必要です。※画像などの埋め込みならInstagram Graph APIだけです。

参考元

Instagram Developer Documentation

 

インスタグラムの新しいapiの設定は、インスタスラムとFacebookで同期するような形となります。

Instagram Graph APIを利用する場合、以下のような流れになります。

1、Facebookアカウントの準備(Facebookページを事前に準備する必要あり)

2、インスタグラムのアカウントをビジネスアカウントにする。

インスタグラムのモバイルアプリにログインして、「プロフィルを編集タップ」→「プロアカウントに切り替える」を選択、

「ビジネス」または「クリエイター」を選択して、設定を進めます。(ここで、FacebookページのURLが必要)

3、FACEBOOKアプリ作成、APIエクスプローラーでアクセストークンを取得

 

WordPressのインスタグラムの画像連携プラグイン「Instagram Feed」も新しいAPI、Instagram Graph APIに対応予定のようです。いままで、Instagram Feedでのアクセストークン発行、設定はWordpress管理画面で発行でき簡単でしたが、事前にアクセストークンの発行が必要になるかもしれません。

関連記事

  1. TCD

    WordPressでポータルサイトを簡単に作成できるテーマ(テン…

  2. Facebook Page Plugin(ページ プラグイン)埋…

  3. Tableのセルの余白や隙間をなくす、枠線を細くする初期化リセッ…

  4. css grid

    IE11に対応させる場合はCSS Grid Layoutを利用し…

  5. IE

    2018年1、2月のブラウザシェアとIE使用率

  6. GOOGLE日本語フォント

    GoogleFonts日本語 テスト公開中

ピックアップ記事

  1. 日本語設定
  2. キャプチャソフト
  3. ga4
ページ上部へ戻る