閉じる

サイト公開前のSEO対策の基本設定

キーワード

サイト公開前に行っておきたいSEO対策の内部対策の基本を紹介します。

タイトルタグの記載について

<title>に記載する内容はSEOの中で一番影響力があると過言ではありません。
検索エンジンのアルゴリズムでも評価が高く、サイトの順位に影響をするため、言葉、キーワードを含める必要があります。

ただし、過剰なキーワードの詰め込みなど、不自然な形の記載は避けましょう。

ユーザーのクリック率にも影響するので、検索ページの検索表示で文字が切れないすると、なおいいでしょう。

タイトルタグの基本SEO対策

1、タイトル(title)に検索キーワード含めるようにする
2、検索キーワードは全角25文字程度にする
3、コンテンツに合ったタイトルを設定する(やりすぎは注意)
4、各ページ、オリジナルのページ名(タイトル)とする

Hタグについて

H1タグは、昔から<title>タグに次に有効とされてきました。
Hタグに含まれる言葉は、検索エンジンに重要なものとして伝えます。
こちらもキーワードを詰め込むすぎると検索エンジンに悪い印象を与えることがあるので、ページ、内容に合った適切な言葉を記載しましょう。

hタグの基本SEO対策

1、hタグにキーワードを詰め込みすぎない
2、長くなり過ぎないように気をつける
3、コンテンツに合ったものを設定する(やりすぎは注意)
4、H1タグは1ページ内に1つが好ましい(html5では複数使用できるが1ページ内に1つとしたほうがいいと思います。)

タグ内の内容重複はできるだけ避けたい

titleタグ、meta descriptionタグの内容は各ページのオリジナルの内容が好ましいと言われます。

ページの内容に違いがあるのに、同じタイトルや同じdescriptionというのはユーザーから見るとおかしいですよね?

descriptionには、ユーザー側にわかりやすいページの説明情報を記載しましょう。その内容は検索結果内のスニペットに反映されます。

クリック率が上がるような文章を記載する事を心がけましょう。

サーチコンソールのエラー内容を確認

全く同じ場合、Googleのサーチコンソール内から重複内容を指摘されます。
GOOGLEから良い評価を受けるためにも改善しましょう。

canonicalタグの設置

サイト公開後、検索エンジンに1つのページが多数のURLで認識されてしまった場合、サイト評価が落とされてしまう可能性があります。

それを正しく伝えるためにも、URLを正規化し、GOOGLE側に知らせる必要があります。

URLの正規化もSEOには大事

サイト内でリンクがばらばらで設定されている場合は要注意です。

例えば、下記のように

https://beginnerweb.net/
https://beginnerweb.net/index.html
http://www.beginnerweb.net/
http://www.beginnerweb.net/index.htm

サイト内でリンクが別々のURLで設定されている場合は
まずは内部リンク修正をしましょう。

URLを修正したら、.次にhtaccessで301リダイレクトを設定しURLを正規化をします。
その後、canonicalタグを設置して正しいURLを記載しましょう。

canonicalタグの設定例

http://www.beginnerweb.net/に統一する場合、〜内に下記のタグを設置します。
<link rel="canonical" href="URL">
1ページにcanonicalタグは1つとしてください。

類似内容とパンダアップデート

数年前より、パンダアップデートなどで、ページコンテンツの評価が厳しくなっていると言われています。
例えば、ECサイトの商品で他サイトと同じテキストが記載されているケースやテキストがほとんど存在しないページが多数占めるサイトは評価を受けられない可能性があるのです。

オリジナル内容ページの重要性

検索エンジンは文章の内容が判断できるようになってきたと言われています。オリジナルの文章とユーザーにわかりやすいページ作成を心がける事が重要です。ECサイトの商品ページなど説明が限られる場合は、どういう成分が入っていて、どういう場合におすすめなのか、また同カテゴリー商品を表示するなど工夫をするといいでしょう。

ページの表示速度も検索順位に影響する

ページの表示速度もSEOに影響します。
サイトのSEO対策を行う場合はページが重くならないように意識しましょう。

下記で読み込みに時間がかかるかどうかチェックできます。

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

各ページチェックしましょう。

GOOGLEはサイトページの表示高速化を推奨しています。
ページ読み込みが遅い場合、ユーザーはそのページから他サイトへ離脱してしまいます。
ユーザーの直帰率を下げるには、表示速度の改善が必要です。

関連記事

  1. google キャッシュ

    GOOGLEのキャッシュが404になる

  2. ahrefs

    Ahrefs(エイチレフス)の主な使い方やアップグレードと解約方…

  3. h1の複数設置について

  4. サーチコンソール

    GoogleアナリティクスのユーザーがSearch Consol…

  5. Mobile-first indexing enabled

    モバイルファーストインデックスの通知「Mobile-first …

  6. アナリティクスのセッションとは?初心者向けGoogle アナリテ…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る