閉じる

Windows10アップグレードで失敗する場合は個人用ファイルのみ引き継ぐ選択でうまくいくケースがある

Windows 10のアップグレードは、よっぽどの事がない限りスムーズに進みます。

会社や個人のデスクトップPCでも問題ありませんでしたが、個人のノートPCで試したところ、1台のPCでWindows10のアップグレードに失敗しました。

通常のWINDOWS7→10アップグレードから行ったのですが、再起動エラーがおこった後、ダウンロードしたISOから試しても同じエラーとなりました。

個人用ファイルのみ引き継ぐ選択については失敗するケースがある

何度か試したところ、「個人用ファイルのみ引き継ぐ選択について」を選択して失敗するようです。

0xC1900101-0x30018というエラー。

メッセージは、「0xC1900101-0x30018」「SYSPREP操作エラーが発生したため、インストールはFIRST_BOOTフェーズで失敗しました。」

国内外のMicrosoftのフォーラムを見てみると、このエラーは、WINDOWS7からWINDOWS10にアップグレードする時に表示されるエラーのつのようです。
どうやら、WINDOWS10に対応していないアプリ、ウィルスソフトがなどが関係しているようです。

試しに、ノートPCにインストールしてあるウィルスソフトも削除してもダメです。

個人用ファイルのみ引き継ぐ選択でアップグレード可能になった

よくわからないので、アプリを引き継がない設定、「個人用ファイルのみ引き継ぐ選択」で試してみる事に。

インストール画面まで進んだら、引き継ぐものを変更を選択します。

アプリを引き継がない

通常は、「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」ですが、「個人用ファイルのみ引き継ぐ」を選択します。

しかし、アプリが全て削除されます…

Windows10アップグレード後はアプリをインストールしなおし

これでWindows10アップグレードが正常にされました。

ただし!GOOGLE Chromeも含め、インストールされていたアプリは全てなくなりました。

※プライバシー設定なども再設定です。

また、ディスプレイドライバーがMicrosoft用に変更されたため、ブルーライト対策の夜間モードが無効になりましたが、

ディスプレイドライバー更新

デバイスマネージャーのディスプレイドライバーの更新で設定可能になりました。

アプリ、ソフトがあまりインストールされていないPCなので試せましたが、設定が面倒なソフトが入っている場合は、フォーラムなどで情報を集めましょう。

WINDOWS7からWINDOWS10にアップグレードしたPCは、いろいろと不具合が起きたりします。

Windows10アップグレードでうまくいかない場合は色々ケースがあります。
エラーでアップグレードできなくても、個人用ファイルとアプリを引き継ぐのところで、アプリを引継ぎしなければ、正常にWindows10にアップグレードできる場合があります。

もし、上手くWindows10にアップグレードできない場合、アプリをインストールしなおしで行っても良い方は1度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. Sモードをオフに

    SurfaceでChromeなどの他社アプリをダウンロード・イン…

  2. 「セキュリティで保護されたコンテンツのみ表示」の原因と無効にして…

  3. Windows10のアップデートでAdobe CCソフトが文字化…

  4. 「Windows10版のメールから送信」の署名 文言を削除する方…

  5. Windows10でiTunesのダウンロード、インストールがで…

  6. Chrome

    Chromeでパスワードが保存されなくなった時に試すこと

ピックアップ記事

  1. ahrefs
  2. reCAPTCHA
ページ上部へ戻る