閉じる

Google Analyticsのデータの保持「We’ve recently launched new Data Retention controls~」メッセージについて

先日より、Google Analyticsの先頭に

We've recently launched new Data Retention controls that may affect your data starti

「We’ve recently launched new Data Retention controls that may affect your data starting May 25, 2018. Please review your settings and make any changes required. Learn more 」

とメッセージが表示されています。

これは、Google アナリティクスのデータ保持コントロールの案内です。

Google アナリティクスのデータ保持コントロールとは

Google アナリティクスのデータベースには、Google アナリティクスを利用しているサイトのユーザーやアクセス情報が保持されています。

それのデータが削除されるまでの保持期間を設定できるようになります。

データの保持期間は「データの保持(Google アナリティクス)」にも記載されていますが、

14 か月
26 か月
38 か月
50 か月
自動的に期限切れにならない。

の5つに設定する事が可能です。

設定は、

管理

Google アナリティクスのレポート画面の左メニュー「管理」をクリックして

トラッキング情報

トラッキング情報をクリックして表示される

 

トラッキング情報

データ保持から設定できます。

本サイトの設定を確認すると「26 か月」に設定されていました。

デフォルトで設定されたかもしれません。

Google Analyticsのデータを残したい方は設定を変更しましょう。

EUの一般データ保護規制(GDPR)の影響

Google アナリティクスの保持期間を設定できるようにした理由ですが、
GDPR(General Data Protection Regulation)、EUの一般データ保護規則が関係していると思われます。

先日もGoogleは「Getting ready for Europe’s new data protection rules」や「Data processing terms for the General Data Protection Regulation (GDPR) ~」というメールを配信しています。

「Googleは、ヨーロッパで提供しているすべてのサービスでGDPRを遵守することを約束しています。
これには、SearchやGmailなどの最も一般的な消費者向け製品、AdWords、AdSense、DoubleClick and Analyticsなどの広告および測定サービス、
以前発表したCloudサービス、今後開始するすべてのサービスが含まれます。」

今後、EUと取引のない国内の企業もGDPRの影響を受け、さらに個人情報の保護、保護データの保護と管理ついて対応する事が求められかもしれません。

関連記事

  1. GOOGLEADS

    Google AdWordsが7月24日より「Google 広告…

  2. セッションとは?初心者向けGoogle アナリティクスの基本と主…

  3. GOOGLE

    日本のHTTPSサイトが、昨年より31%から55%に増えていると…

  4. GOOGLE MAPのカスタマイズに必要なAPIキーの取得

  5. chrome68

    Chrome68から非SSLサイトに「保護されていません」の警告…

  6. Google Maps ApiからGoogle Maps Pla…

ピックアップ記事

  1. chrome68
  2. GOOGLEADS
  3. Maps JavaScript API
ページ上部へ戻る