閉じる

Google AdWordsが7月24日より「Google 広告」に名称変更

本ページはプロモーション・広告が含まれています。

先日のAPIサービスに引き続き、2018年7月24日よりGoogleの広告ソリューションが新しいサービスで展開されます。

Google AdWordsが「Google 広告」に変更

GOOGLEADS

先月より、Google AdWordsの管理画面に表示されておりますが、Google AdWordsの名称が「Google 広告」に変更になります。(英サービス名はGoogle Ads)

新たなサービスが追加されるかどうかは不明ですが、中小企業向けに新しいキャンペーンを導入する予定があるようです。

参考:Introducing simpler brands and solutions for advertisers and publishers

日本時間 7月11 日午前1 時より、「Google Marketing Live」で新機能などがライブ配信される予定です。
そのライブは事前登録が必要で受付中です。

興味がある方は下記より登録しましょう。

Google Marketing Live Keynote

Google Analytics 360 suiteなどはGoogle Marketing Platformへ

DoubleClick Digital Marketing やGoogle Analyticsの有料版 Google Analytics 360 suiteなどは「Google Marketing Platform」という1つのサービスで管理されます。
DoubleClick for PublishersとDoubleClick Ad Exchangeは「Google Ad Manager」に統合されるとか。

Google Analytics 360 suiteを使われている企業は多くないかもしれませんが、マーケティングを担当されている方はGoogle Marketing Platformへの移行の仕方などは確認しておいた方が良いかもしれません。

関連記事

  1. リモート

    「~接続リクエストに応答しません」Chrome リモートデスクト…

  2. chrome68

    Chrome68から非SSLサイトに「保護されていません」の警告…

  3. YDNバナーサイズ追加

    YDNのスマホ画像のサイズが追加されました

  4. Googleアナリティクスで表示されるnot providedの…

  5. GOOGLE

    日本のHTTPSサイトが、昨年より31%から55%に増えていると…

  6. Maps JavaScript API

    Google Maps PlatformでのGoogle Map…

ピックアップ記事

  1. reCAPTCHA
  2. 日本語設定
ページ上部へ戻る