閉じる

Googleアナリティクスで閲覧ユーザーでも他のユーザーが確認できるようになる

先日より、Googleアナリティクスで、「まもなくアカウントのすべてのユーザーが、付与されている権限に関係なく、そのアカウントへのアクセス権を持つ他のユーザーを確認できるようになります。」とアナウンスされています。

Googleアナリティクスのユーザー管理

Googleアナリティクスは、ユーザー管理でアナリティクスのアカウントにアクセスできるユーザーを追加し、表示と分析(データ閲覧など)、編集(コンバージョンなどの設定が可能)、ユーザーの追加、削除など、ユーザーによって権限を設定することができます。

これにより、アカウントの管理者や社内サイト保守管理者は、社内や外部の人間に、それぞれのユーザー権限を振り分けて管理する事が可能です。

しかし、ユーザー管理の権限を持たない閲覧権限のみのユーザーは、自分以外にどのユーザーがいるかはわかりませんでした。

それが、ユーザー管理の権限を持たないユーザーでも、他のユーザーを確認できつように変更されるかもしれません。

個人サイトや企業でも社内のみのユーザーしかいない場合は何も影響がないでしょう。

代理店やサイトのマーケティングなどで外部のユーザーを発行している場合などでは、注意が必要なケースがあるかもしれません。

関連記事

  1. Google Maps ApiからGoogle Maps Pla…

  2. chrome hosts

    Chromeでhosts設定を行える拡張機能

  3. chrome68

    Chrome68から非SSLサイトに「保護されていません」の警告…

  4. GOOGLE MAPのカスタマイズに必要なAPIキーの取得

  5. アナリティクス

    Google Analyticsのデータの保持「We’…

  6. セッションとは?初心者向けGoogle アナリティクスの基本と主…

ピックアップ記事

  1. Classic Editor
  2. Hacking Alert! You account was hacked
  3. サーチコンソール
ページ上部へ戻る