閉じる

Illustrator アートボード範囲外の画像書き出し(初心者向け)

Adobeのイラストレーターは、アートボード内の情報を書き出したり、印刷したりするのが基本です。

しかし、イラレの操作になれていない人や昔のバージョンに慣れている人などは、アートボード内に収めないで、アートボードの外に描いたりする場合があります。

そんな、アートボード外の部分を書き出したり、外にある部分をアートボードに変更して、書き出す方法を説明致します。

アートボード範囲外も全て書き出しする

あーとぼーど

Adobe Illustratorで、このようにアートボードの外、右側に四角形の図があったとします。

このまま、書き出し(WEB用に保存)しても、アートボードの範囲のみが保存されます。

アートボードの外も書き出しする場合は、書き出し(WEB用に保存(従来))クリック後、

「アートボードサイズでクリップ」のチェックを外すと、

アートボードサイズでクリップ

中央の画面にアートボード範囲外も表示され、表示された範囲を保存できます。

次にアートボード範囲外を書き出します。色々やり方があるかと思いますが、ここでは、簡単なスライスを使用した書き出しを紹介します。

 スライスでアートボード範囲外の画像を切り出す

そのスライスですが、まず、アートボード外の書き出ししたい部分をスライスツールで選択します。

このまま書き出し(WEB用に保存(従来))だと、アートボードのみが対象ですが、

先ほどの「アートボードサイズでクリップ」のチェックを外すと、アートボードの外も表示されます。

保存

あとは、書き出しで「選択したスライス」を選べば、アートボード範囲外も画像書き出しできます。

選択範囲やスライス部分をアートボードに変換する

他に選択範囲を選択した状態、また、スライスで設定した部分をアートボードに変換して書き出す方法もあります。

まず、対象部分を選択した状態、または、スライスした状態で、

メニュー>オブジェクト>アートボードの「アートボードに変換」、または「選択オブジェクトに合わせる」を選択します。

アートボードメニュー

そうすると、

アートボードに合わせる

すると、スライス部分がアートボードに変更されます。

保存

あとは、「アートボードサイズでクリップ」のチェックを付けて、保存するだけです。

スライスした場合のアートボードメニュー

スライスした場合でのアートボードメニューの違いですが、

「アートボードに変換」を選択すると、選択範囲とスライス部分がアートボードに変更され、スライス設定はなくなります。

「選択オブジェクトに合わせる」を選択すると、スライスされた状態でアートボードに変更されます。

複数スライスする場合は、「選択オブジェクトに合わせる」を選択した方が良いでしょう。

通常は1番目の方法でいいと思いますが、内容が多い、大きいサイズの場合、「アートボードサイズでクリップ」のチェックを外すと、時間がかかる場合があります。

イラストレーターは、ほとんどがアートボードを使用して作成されると思いますが、アートボード範囲外を書き出しする事がありましたら、ご参考ください。

関連記事

  1. リビジョン

    WordPressの投稿リビジョンが表示されなくなった話

  2. WindowsとMacのhosts設定~サーバー移転を行う場合は…

  3. ECCUBE

    「EC-CUBE」バージョン3でセキュリティ上の脆弱性を公表

  4. Markdown(マークダウン)記法のおさらい

  5. リモート

    「~接続リクエストに応答しません」Chrome リモートデスクト…

  6. HTTP 500 エラーの主な原因と確認事項

ピックアップ記事

  1. Classic Editor
  2. Hacking Alert! You account was hacked
  3. サーチコンソール
ページ上部へ戻る