閉じる

エックスサーバーで無料独自SSL証明証が利用可能に!

XSERVERで、無料でSSL証明書が利用できるようになったようです。

アクセス数などの制限はなく無制限、ドメイン認証型「Let’s Encrypt」というSSL証明書のようです。

いままでは、XSERVERの共有SSLは無料でしたが、独自SSL証明書が利用できるとなると、これからますますSSL証明書導入の敷居が低くなりますね。

以下、XSERVERの案内です。

昨今、WordPressなどのCMSツールが普及し、より多くの方が手軽にホームページを開設できるようになりました。
これに伴い、お問い合わせフォームやブログのコメント欄など情報を入力する機会が増え、
より多くのWebサイトに対してSSL暗号化通信の導入が望まれるものとなってきています。

また、大手検索エンジン会社ではWebサイトがSSL暗号化通信に対応しているかどうかを検索順位の評価対象にすると発表するなど、
WebサイトにおけるSSL暗号化通信の重要度は増してきています。

しかしながら、手続きの煩雑さや費用面から、WebサイトのSSL化が浸透しているとは言いがたい状況でした。

今回エックスサーバーでは、サーバーパネルからの簡単な操作のみで
ドメイン認証型SSL証明書「Let’s Encrypt」を無料・無制限に設定できる機能を追加いたしました。

これにより、エックスサーバーで運用されているドメイン・サブドメインは
無料・無制限・簡単操作でSSL化することが可能となります。

一度設定すれば自動的に有効期限が更新されるため、導入後の負担もありません。

参考元:独自SSLが無料・無制限に利用可能に!「独自SSL」機能の強化のお知らせ

SSL設定

設定方法は、ログイン後、コントロールパネルメニューのSSL設定で設定したいドメインを選び、独自SSL設定の追加、「独自SSL設定を追加する(確定)」クリックで完了です。

CSR

CSRは任意のようです。

設定が反映されるまで1時間程とありますが、1時間もかかりませんでした。

あとはURLを変更すれば完了です。

導入は本当に簡単です。

エックスサーバーサポートに期間限定なのかどうか質問したところ、限定という事はないようです。

レンタルサーバーで費用をかけずにhttps化をするならエックスサーバーがオススメです。

関連記事

  1. エックスサーバー

    エックスサーバーSMTP接続でAWS国外リージョンが制限対象に

  2. エックスサーバー

    エックスサーバーのストレージディスクがSSDに

  3. Nginx

    XSERVERがNginx(エンジンエックス)を導入!

  4. メール不具合やフォームメールが届かない場合はSpamhausなど…

  5. モリサワのWebフォントがさくらサーバーのレンタルサーバーで使用…

  6. PHPでParse errorや画面が真っ白になる場合にチェック…

ピックアップ記事

  1. キーワード
ページ上部へ戻る