閉じる

さくらのレンタルサーバが無料のSSLサーバー証明書Let’s Encrypt提供開始

10月10日にプレスリリースしていましたが、さくらのレンタルサーバ(共用サーバー)が、無料のSSLサーバー証明書の提供を開始しました。

ファーストサーバーやエックスサーバーと同じ「Let’s Encrypt」です。シルバースポンサーにもなったとか。

「さくらのクラウド」「さくらのVPS」でも、 スタートアップスクリプトで設定できるようです。
更新が自動なら、大変便利で良いと思います。

SSL証明書が無料で使えて、安いサーバーをお探しの方は、さくらの共用サーバーでいいとなるかもしれませんね。

以下、その案内です。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバ
 無料SSL「Let’s Encrypt」簡単設定機能 提供開始のお知らせ
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

平素よりさくらインターネットのサービスをご利用いただき、誠にありがとう
ございます。

2017年10月17日より、さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバにおいて、
無料SSLサーバー証明書「Let’s Encrypt」をコントロールパネル上から簡単に
設定できる機能の提供を開始いたしました。

◆「Let’s Encrypt」とは?
ドメイン名の使用権限を確認して発行する「ドメイン認証(DV)」タイプの無料
のSSLサーバー証明書です。発行スピードが速く、独自ドメインをご利用のお客
さまならどなたでも発行できます。

なお「Let’s Encrypt」は、米国の非営利団体ISRG(Internet Security Research
Group)が運営しており、弊社もシルバースポンサーとして支援をしています。

◆ 更新作業は不要!
コントロールパネルから設定すると、通常必要な90日ごとの更新作業は自動で
行われるため、お客さまによる更新作業が不要です。

「Let’s Encrypt」の詳細や、設定方法については以下をご確認ください。

・さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバ Let’s Encrypt
 https://www.sakura.ne.jp/function/freessl.html?=mail_20171017

GOOGLE Chromeが次予定しているバージョン62から、httpsでないお問い合わせフォームページに警告文が表示される予定です。
https://www.beginnerweb.net/2017chrome62.html

SSL証明書の設定は早めに行った方が良いでしょう。

関連記事

  1. エックスサーバー

    エックスサーバーのストレージディスクがSSDに

  2. エックスサーバー

    エックスサーバーSMTP接続でAWS国外リージョンが制限対象に

  3. X2サーバーがサービス終了するようです

  4. date

    さくらレンタルサーバーの容量アップロード

  5. Meltdown and Spectre

    MeltdownとSpectreの対応・OSアップデートについて…

  6. エックスサーバーで無料独自SSL証明証が利用可能に!

ピックアップ記事

  1. Classic Editor
  2. Hacking Alert! You account was hacked
  3. サーチコンソール
ページ上部へ戻る