閉じる

さくらのレンタルサーバが無料のSSLサーバー証明書Let’s Encrypt提供開始

10月10日にプレスリリースしていましたが、さくらのレンタルサーバ(共用サーバー)が、無料のSSLサーバー証明書の提供を開始しました。

ファーストサーバーやエックスサーバーと同じ「Let’s Encrypt」です。シルバースポンサーにもなったとか。

「さくらのクラウド」「さくらのVPS」でも、 スタートアップスクリプトで設定できるようです。
更新が自動なら、大変便利で良いと思います。

SSL証明書が無料で使えて、安いサーバーをお探しの方は、さくらの共用サーバーでいいとなるかもしれませんね。

以下、その案内です。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバ
 無料SSL「Let’s Encrypt」簡単設定機能 提供開始のお知らせ
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

平素よりさくらインターネットのサービスをご利用いただき、誠にありがとう
ございます。

2017年10月17日より、さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバにおいて、
無料SSLサーバー証明書「Let’s Encrypt」をコントロールパネル上から簡単に
設定できる機能の提供を開始いたしました。

◆「Let’s Encrypt」とは?
ドメイン名の使用権限を確認して発行する「ドメイン認証(DV)」タイプの無料
のSSLサーバー証明書です。発行スピードが速く、独自ドメインをご利用のお客
さまならどなたでも発行できます。

なお「Let’s Encrypt」は、米国の非営利団体ISRG(Internet Security Research
Group)が運営しており、弊社もシルバースポンサーとして支援をしています。

◆ 更新作業は不要!
コントロールパネルから設定すると、通常必要な90日ごとの更新作業は自動で
行われるため、お客さまによる更新作業が不要です。

「Let’s Encrypt」の詳細や、設定方法については以下をご確認ください。

・さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバ Let’s Encrypt
 https://www.sakura.ne.jp/function/freessl.html?=mail_20171017

GOOGLE Chromeが次予定しているバージョン62から、httpsでないお問い合わせフォームページに警告文が表示される予定です。
https://www.beginnerweb.net/2017chrome62.html

SSL証明書の設定は早めに行った方が良いでしょう。

ピックアップ記事

  1. GOOGLE
ページ上部へ戻る