閉じる

think with Google サイトスピード速度チェックが追加された

ページの読み込み速度、表示速度を計測した事はありますか?
いまでは、SEO、検索順位に影響し、ユーザーは時間のかかるサイトから離れてしまいます。
デザインに優れたサイトはもちろんですが、ユーザーにストレスを与えないサイト作りを目指しましょう。
そのページの表示速度を調査サイトですが、先日、GOOGLE新たなチェックサイト、テストツールを公開したようです。
スモールビジネス・ブログ上でも発表しました。

think with Google

ページ表示とモバイル最適化が点数表示されます。
英語のみですが、試してみてください。

https://testmysite.thinkwithgoogle.com/

上記サイトにアクセスし、チェックしたいURLを入力します。

URL入力チェック

チェックが終わるとサイトページが採点されます。

スコア

モバイルフレンドリー

モバイルページ評価

PCページの評価

GET MY FREE REPORTでレポートも要望できます。
わかりやすいですが、改善点やアドバイスはありません。

ついでに定番のPageSpeed Insightsもご紹介。
点数は同じ会社のツールなのでおそらく違わないでしょう。

やっぱり、こちらの方が参考になりますね。

PageSpeed Insights

PageSpeed Insights

言わずと知れたGoogle公式の速度チェックツールです。

PageSpeed Insightsとは

Page Speed Insights では、携帯端末やデスクトップ端末向けのページのパフォーマンスを測定します。URL を 2 回(モバイル ユーザー エージェントと PC ユーザー エージェントで 1 回ずつ)取得します。

PageSpeed のスコアの範囲は 0~100 ポイントです。スコアが大きいほど良好で、85 以上のスコアはそのページのパフォーマンスが高いことを示します。なお、PageSpeed Insights は継続的に改良されているため、新しいルールの追加や分析の改良に伴ってスコアが変わることがあります。

モバイルページだけではなく、PCページもチェックしてくれます。
エラー項目も個別にアドバイスしてくれますので、参考になります。

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

新規でページを追加する場合はチェックを行う事をおすすめします。

関連記事

  1. おすすめの無料SEO関連ツール

  2. Mobile-first indexing enabled

    モバイルファーストインデックスの通知「Mobile-first …

  3. エラー

    「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されましたとの通知…

  4. h1の複数設置について

  5. google キャッシュ

    GOOGLEのキャッシュが404になる

  6. ページテスト

    新しいSearch Consoleで追加したページや以前からある…

ピックアップ記事

  1. Classic Editor
  2. Hacking Alert! You account was hacked
  3. サーチコンソール
ページ上部へ戻る