閉じる

2020年に実施予定の「小学生のプログラミング教育必修化」とは?何年生から行われる?

2020年より小学校の授業でプログラミング教育が行われる予定です。このプログラミング教育授業を小学校のプログラミング教育必修化と言われます。これは文部科学相が2020年度に全面的に実施する教育です。
平成28年にはすでにプログラミング教育について有識者で話し合いがされていて、一部の小学校ではプログラミング教育を取り入れている学校もあります。

プログラミング教育について、何となく聞いた事があるという人はいるでしょう。
しかし、2020年に全面的に実施する、しかも必修化になるという事でいきなりプログラミング教育が身近になり、小学生の保護者や小学校に入学する園児の保護者は「プログラミング教育授業って何?」、その他にも、たくさんの「?」があるはずです。

ここでは、プログラミング教育必修化について目的や概要などをまとめました。

小学生で学ぶプログラミング教育必修化の目的

近年、スマートフォンや家電、車などで導入されているIoT(Internet of Things)、ロボットなど、あらゆるところでIT技術の進歩は目覚ましい形となっています。
さらに人工知能の発展、AIが開発され、親が子供だった頃の環境とは全く違うものになってきています。

そのITの発達により情報量も多くなり、正しい情報なのか、なにが使える情報なのかなど、選択も大変になりました。

プログラミング教育必修化では、そんな避けて通れないITの基本に触れる事で考える力を身に付けます。もちろんプログラミングに触れる事で、「プログラミング言語を覚えたい!」と子供が思う事もありますが、それは本当の目的ではありません。

小学生のプログラミング教育とは?プログラマーを育成する目的ではない

小学生で学ぶプログラミング教育の目的は自分で考える力を身に付ける事で、言わばプログラミング的思考を養うのがプログラミング教育です。広い意味を持つため、必ずしもプログラマー育成とは言えず、プログラミングという科目がある訳ではありません。

プログラミング教育と聞くとパソコンのイメージが強いのでプログラマー育成講座では?と思われがちですが、授業では、パソコンが自分の指示通りに動くのを経験しながら、どうやって動くのか、どうやって組み立てるのかを学びます。そして、それがパソコンだけの話ではなく、様々な問題をどう解決していくのか、順序良くこなしていくにはどうするのかなど、自分で考える力「プログラミング的思考」を身につけます。それがプログラミング教育の本当の目的です。

パソコンに触れる機会はあり、テキストを利用するなどの授業はあります。

プログラマー育成のための授業ではない

プログラミング教育と聞くとパソコンのイメージが強いので、学校で学ぶプログラマー育成講座では?と思われがちですが、それは違います。

小学生のプログラミング教育必修化での授業の内容は、コンピューターで出来ることを学んだり、自分が頭の中で思い描くものをパソコンに処理させたりする事を学びます。

パソコンに触れますし、テキストを利用する授業はあります。

しかし、小学校の授業でプログラム言語を学ぶ事はありません。

授業でC言語やPHPなどプログラミング言語を学ぶわけではないのです。

プログラミング教育がきっかけでプログラマーになりたいと思う子はいるかと思いますが、小学校のプログラマーの育成は行いません。

プログラミング教育必修化は、どのような授業?

小学校のプログラミング教育の授業は、国語や算数のような科目ではありません。
今まである科目の中に取り入れます。

例えば、

音楽ではプログラミングでリズムやパターンを組み合わせて音楽を作る、

社会ではプログラミングで都道府県の名称や特徴を組み合わせて覚える、

などです。

プログラミング教育は全く新しい事を学ぶのではなく、今までの学びにプラスします。

プログラミングの科目はありません。

パソコンを使わない授業もある

プログラミングというとパソコンを使うイメージがありますが、パソコンを使わない授業も予定されています。パソコンを使用しない授業っでは、教材、紙と鉛筆で行う授業もあります。
また、時には体を使う授業もあり、プログラミング的思考に沿った授業が行われます。

プログラミング教育は何年生から行われる?

プログラミング教育の必修化は、中学生だと2021年~、小学生だと一足早い2020年度~です。

しかし、プログラミング教育を何年生から取り入れるかは、はっきりと分かっていません。ただ、文部科学相の指導例では3年生から音楽にプログラミングを取り入れる例があり、3年生以上ではプログラミング教育が始まると思われます。

小学生の授業では、以下のような授業が予定されています。

B-③ 家庭 (第6学年)

自動炊飯器に組み込まれているプログラムを考える活動を通して、炊飯について学習する場面

A-① 算数 (第5学年)

プログラミングを通して、正多角形の意味を基に正多角形をかく場面

A-② 理科 (第6学年)

身の回りには電気の性質や働きを利用した道具があること等をプログラミングを通して学習する場面

B-① 音楽 (第4学年)

様々なリズム・パターンを組み合わせて音楽をつくることをプログラミングを通して学習する場面

B-① 音楽 (第4学年)

様々なリズム・パターンを組み合わせて音楽をつくることをプログラミングを通して学習する場面

B-② 社会 (第4学年)

都道府県の特徴を組み合わせて47都道府県を見付けるプログラムの活用を通して、その名称と位置を学習する場面

参考:小学校プログラミング教育の手引(文部科学省)

音楽での指導例では、先生が「ドンドン」や「ドンドコ」などのリズムを組み合わせた後、音楽を作成する取り組みがあります。こんな音楽を作りたいという理想があり、強弱や速さを自分で工夫してプログラミングし、音楽を作るという学習例です。

先生の事前準備は大変

高学年になるともっと高度な授業が予定されています。
プログラミング的思考は簡単な内容でも絡められるため、今後、低学年のうちから取り入れる可能性もあります。

小学校の先生は、プログラミングを詳しく知らない先生も多いので、事前準備は大変かもしれません。プログラミング教育必修化は、難しい事をやらせようという訳ではありません。

IT化が進む社会に向け、どう自分で考えるか、どう効率よく物事を組み立てるかを学ぶ授業です。
課題を与えるだけの学習ではなく、自ら考え学ぶ授業はこれからの時代に必要です。

以上、簡単ですが、小学生のプログラミング教育必修化について紹介しました。

参照元:プログラミング教育(文部科学省)

関連記事

  1. iphoneのデータ初期化は簡単!

  2. WindowsとMacのhosts設定~サーバー移転を行う場合は…

  3. BASIC認証でAuthorization Requiredと表…

  4. Illustrator アートボード範囲外の画像書き出し(初心者…

  5. 海外通販フォームの入力について~電話番号+81や英語住所の記載

  6. クラウド型のWEB会議サービス「Zoom」の安全な使い方と注意点…

ピックアップ記事

  1. ahrefs
  2. reCAPTCHA
ページ上部へ戻る